薬剤師道一直線

一、患者とともに歩め

 アメリカ合衆国の大統領選挙に、バラク・オバマ氏が当選した。初のアフリカ系アメリカ人の大統領になる。そのオバマ氏の演説で最も有名なフレーズといえば、「Yes, we can 」であろう。直訳すれば「私たちはできる」となるが、この言葉の主語はwe 、すなわち「私たち」である。私たちが主役である、ということを強調している。

 さて、ここで問題を一つ。既に医療現場で広く使われている言葉「informed consent」を、あなたならどう訳すか。一昔前なら「説明と同意」と訳す人もいたであろうが、今なら「医学的処置や治療に先立って、それを承諾し選択するのに必要な情報を医師から受ける権利」(広辞苑)となる。

 では「informed consent 」を、本来の意味に沿って主語を付けて訳すとしたら……。その主語は、医師なのか薬剤師なのか、はたまたほかの医療関係者なのか。

 それらの答えは、すべて不正解である。この場合の主語は、患者さんでなければならない。医療における主役は、いついかなるときも、患者さんなのである。そのことを忘れると、医療の本道を見失うことになる。医療が高度化・専門化し、いかに高度な教育がなされようとも、こればかりは「Change 」できない。いや、してはいけないのである。

 さしずめ「informed consent 」の薬剤師版訳は、「患者さんが、薬剤師から薬物療法について丁寧で詳しい説明を受け、納得をした上で、薬剤師とともにどのような薬物療法に取り組むかを決めること」とでもなろうか。そうした手順を踏まえた上で、薬剤師は患者さんに対して決意表明をする。「どんなことがあろうと薬剤師である私は、あなたとともに最善の薬物療法を実現します。私たちには、それができます」と。

 そう、まさしく「Yes, we can 」なのである。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 “調剤薬局”でOTC薬を売る

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 在宅から撤退する薬局・薬剤師のパターンとは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:149
  2. 小田原の薬局、薬剤師不在の調剤で業務停止 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:307
  3. 薬局の説明で心配になったと医師に話した患者 船見正範の「キラメキ!ひたむき!管理薬剤師ダイアリー」 FBシェア数:21
  4. エカードとユニシアの併用処方は何が問題? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:73
  5. 武田テバ、53成分103品目を販売中止 安定供給が困難と判断、2018年3月末まで FBシェア数:366
  6. 江戸の敵を長崎で討つ! 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:19
  7. 慢性副鼻腔炎への漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:3
  8. 「タケプロンによる下痢」に気付かず3カ月放置 澤田教授の「育薬」道場 FBシェア数:57
  9. 薬局の副作用報告は医療機関と連名ですべき? 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:41
  10. パタノール点眼28日分は何mL? セキララ告白!個別指導