薬剤師道一直線

一、いつも患者のそばに立つべし

 「風が吹けば桶屋がもうかる」のエピソードを踏まえて、「ロングヘアがはやれば牛丼が98円になる」を定義せよ──。
 ある大手ネット会社の採用試験の一部である。「風が吹けば桶屋がもうかる」は江戸時代の落語の話だが、この会社の採用担当者は至ってまじめ。本気で、上の問題の答えによって採用者を決めたそうである。一見何の関係もないように思える二つの事柄を結び付ける論理展開を導き出すには、理論に裏打ちされた推理力と構成力が必要となる。その力を問うたのであろう。
 さて、実は薬剤師も、「何の関係もないように思える二つの事柄」に日ごろから悩まされている。そう、処方せんの内容と患者さんの訴えである。特に「副作用ではないか」という訴えで、これに出合いやすい。目薬を差したら足がむくんだ、漢方薬を飲んだら背が縮んだ、軟膏を塗ったら物忘れが激しくなった……などなど。一見、両者は全く関係がないように思えるが、実はその間にはさまざまな事情があって、結果として信じられないようなことが起きる。巡りめぐって結果そうなる例が少なくないのである。
 薬剤師道を極めんとする者であれば、目の前にあることだけにとらわれず、背景にあるもの、経緯、経過を熟慮して答えを導き出さねばならない。ありとあらゆる可能性を排除せず、自らの思い込み、常識にとらわれず、患者さんの話を真摯(しんし)に受け止めることから始めなくてはいけない。
 ここで一番大切なことは、患者さんを信じ通すという信念であり、常に患者側に立つというスタンスである。それこそが、いつも患者のそばにいる、地域医療を担う薬剤師の姿ではないだろうか。10月12〜13日に宮崎市で開催される第41回日本薬剤師会学術大会のメーンテーマは「地域医療に生きる──いつも誰かのそばに」である。

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:46
  2. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:66
  3. お茶やあめ、シールの提供をどう思いますか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 薬局では「意外と第1類医薬品が売れる」 DIO読者倶楽部−薬剤師のホンネ−
  5. ハーボニー「偽造品」発見で注意喚起 交付時は患者の前で開封し錠数など確認を
  6. 「薬剤師は監査と服薬指導だけやれ!」の衝撃 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  7. 薬剤耐性菌の拡大は誰のせい? 薬剤師の取り組みこ… Inside Outside
  8. 超高齢社会の「真の医薬分業体制」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  9. オリジナルの連絡票で効率良く残薬を確認 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  10. 連携できる薬局こそ、かかりつけや健康サポートに最… 2017年1月号特集◎キーパーソンに聞く 薬局&薬剤師どうする2017