薬剤師道一直線

一、環境問題を考え行動せよ

 この7月7日から北海道洞爺湖でサミット(先進国首脳会議)が行われる。サミットでは、地球温暖化対策を含めた環境問題が主要テーマの一つになると考えられる。「クールアース推進構想」をはじめ、議長国である日本が国際環境協力において果たす役割は大きい。また、日本人一人ひとりが環境問題について考え、行動することが大切である。
 翻って、われわれ薬剤師を見た場合どうであろうか。薬剤師法第1条には「公衆衛生の向上および増進に寄与し……」とある。公衆衛生にはもちろん環境衛生も含まれる。つまり環境衛生の向上、ひいては地球環境の改善に寄与することが薬剤師の任務でもある。
 薬剤師道を極めんとする者であれば、いや今回は地球人であれば、自分が住むこの地球を守るために何ができるかを考えてほしい。例えば、薬剤師が集まる会議や懇親会の席などで出される食事のときなど、環境を考えれば割り箸(ばし)ではなく、「マイ箸」を使うのが当然であろう。通勤には車ではなく自転車を使い、買い物にはエコバッグを持参する。もちろん、薬局の入り口前の打ち水は日課である。
 しかし、本当に薬剤師としてやらなくてはいけないこと。それは、環境が健康に与える影響を市民、国民にわかりやすく説明し、理解してもらうことである。そして、その先頭に立つべきは、医師でも看護師でもなく、大学で水や空気、廃棄物など環境衛生について学んだ薬剤師なのである。これこそが町の科学者である薬剤師の責務である。
 生まれ来る子供のため、子供たちの未来のため、薬剤師の果たす責任は大きい。医療薬学、臨床薬学と並ぶ「環境・公衆衛生薬学」の重要性は非常に大きい。保険点数が付かないからといって、「そんなのカンキョウねえ!」はもう古い。今月は環境月間である。

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. ミカトリオ配合錠の適正使用の指針が発出 8週間以上の併用後に切り替え FBシェア数:65
  2. 日本調剤が「健康チェックステーション」をオープン 3、4年後に「健康サポート薬局」150店舗展開を計画 FBシェア数:216
  3. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部 FBシェア数:218
  4. どこの世界にもある中間管理職の悲哀 裴英洙の「薬学部では教えてくれないマネジメント術」
  5. 薬局で薬剤師が薬を飲ませてみました(乳児編) 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  6. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  7. タミフル、1歳未満への処方が保険適用に トレンド(DIオンライン)
  8. なぜ「かかりつけ薬剤師」の要件に違和感を覚えるの… 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  9. 薬歴を記載する姿を患者さんに見せるべきか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  10. イナビルの吸入方法を英語で説明する まいにち薬剤師