薬剤師道一直線

一、プロに言い訳は禁物

 テニスプレーヤーの伊達公子さんが、この4月に「プロ復帰宣言」を行ったことに驚かれた方も多いのではなかろうか。もっとも、彼女の全盛期を知る筆者にとっては、うれしい限りであるが。また、ちょっと前の話になるが、ハニカミ王子こと石川遼選手が、史上最年少のプロゴルファーとなった。
 では、プロとアマチュアの違いはどこにあるのだろうか。実は「プロとは何か」という問いに対し、プロゴルファーの大先輩でもある青木功選手、大相撲の大横綱・千代の富士関、史上最強の助っ人・元阪神タイガースのランディ・バース選手の3人が、全く同じ答えをしているのが興味深い。いわく、「言い訳をしないのがプロ」なのだそうだ。
 アマチュアは過程、つまり一生懸命努力することに意義があるのに対して、プロは結果がすべてなのである。努力したのに結果が残せなかったことに対する説明──それが言い訳となるのである。
 薬剤師もプロであるのだから、言い訳は絶対に禁物である。忙しかったから、調剤報酬の計算方法が変わったから、厚生労働省の通達だから、薬剤師会ににらまれるから、医者がダメって言うから……などなど。責任はすべて自分にある。「言い訳はしない」という覚悟がない薬剤師は、薬剤師道を極めるどころか、薬剤師を引退すべきである。それがプロの薬剤師としてのおきてであり、国家資格という国民との約束なのである。
 この4月から処方せんの様式が変わった。後発医薬品への変更に関する説明についても決して言い訳をしないように。万が一、後発品で患者さんに不利益が生じたとしても、「医師の印鑑がなかったから」「後発品調剤率を30%以上にしろという国の方針だったから」などと言うようでは薬剤師失格である。ジェネリック品が、薬剤師にとってのジ・エンド品となってもイイワケ?

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  2. お茶やあめ、シールの提供をどう思いますか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:1
  3. 薬剤耐性菌の拡大は誰のせい? 薬剤師の取り組みこ… Inside Outside FBシェア数:2
  4. 月経前症候群(PMS)の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  5. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  6. インフルワクチン接種済みは7割 DIO読者倶楽部−薬剤師のホンネ−
  7. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ
  8. 阪神調剤が第1回社内学術大会を開催 トレンド(DIオンライン)
  9. 健康サポート薬局で調剤事業の強化・拡大を目指す 2017年1月号特集◎キーパーソンに聞く 薬局&薬剤師どうする2017
  10. セララ錠25mg、50mgに「慢性心不全」の適応… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」