薬剤師道一直線

一、一日の計は掃除にあり

 「一年の計は元旦にあり」──。これは、明代の中国で著された『月令広義』の一節、「一日の計は晨(あした=朝)にあり、一年の計は春にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」から来ている。では、ここに出てくる「一日の計は晨にあり」とは、薬剤師にとってどのような意味を持つのか。
 薬剤師が朝、最初にすること──それは掃除である。薬局内の汚れをくまなく取り除き、すがすがしくしなければならない。「夜のうちにたまった陰なる気、邪気を払い、陽なる気、生気あふれん場所とする」という陰陽五行説の教えや、感染やコンタミネーション(薬剤への不純物の混合)を防ぐという科学的根拠からも然(しか)りである。
 ところで、薬剤師道を極めんとする薬剤師は、その第一歩としてトイレ掃除を極めなければいけない。師匠からトイレ掃除を教えられ、自分のものとするのである。便器の汚れは何で落とせばよいのか。酸を使うべきか塩基を使うべきか。また、除菌とは、殺菌とは何か。そして消毒との違いとは──といった疑問への解答を、トイレという“教室”で見付け出さなければならないのである。
 しかし、本当に重要なことはほかにある。トイレ掃除をするときは、誰もがぞうきん掛けをするために、頭を下げなければならない。つまり、トイレ掃除を通じて、頭(こうべ)を垂れる謙虚さを忘れないようにすることが大事なのである。
 トイレ掃除のできない薬剤師は薬剤師にあらず。薬剤師にトイレ掃除をさせない薬局は薬局にあらず。もちろん、6年制の薬学部を出た薬剤師とて例外ではない。まずはトイレ掃除からである。
 さあ、ぞうきんをよく絞ろう! 掃除で薬剤師道は極められ、かつ薬局がきれいになり患者さんも喜ぶ。まさに相乗効果(そうじ・よう・こうか)ではないか。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 実録!かかりつけ薬剤師

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26
  2. 処方箋は薬局の“入場チケット”ではない! 平野道夫の「薬局手習指南所」 FBシェア数:71
  3. アサコール、寛解期の1日1回投与の承認取得 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:48
  4. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  5. クオールの中村会長が処方箋付け替え問題で謝罪 トレンド(DIオンライン)
  6. 個人薬局のフランチャイズ化には「大反対」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  7. 「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. インデラルで指導された意外な嗜好品とは? セキララ告白!個別指導
  9. 新薬8成分18品目の薬価収載へ トレンド(DIオンライン)
  10. 外科医が薬局から病院に戻って見えてきたこと 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」