薬剤師道一直線

一、弟子を取ってこそ一人前

 今年も残すところ1カ月。薬剤師走る12月、師走。走るのは薬剤師だけではなかろう。
 薬剤師のほかに師の付く職業といえば、まず思い浮かぶのが、医師、歯科医師、看護師といった医療関係者。教師、牧師、宣教師などの、いわゆる聖職者もいる。はたまた奇術師、詐欺師、ペテン師に至るまで、師の付く職業(?)は意外と多い。
 これらには一見、共通点などないように思えるが、実は確実に、ある共通点がある。それは、弟子を取る職業、弟子を持って一人前と見なされる職業だということである。
 では、薬剤師にとっての師弟関係とは。
 まず、師匠に弟子入りをして、調剤における知識、技術、態度、心構えを教えられる。さらに薬剤師としての道を教えられ、守るべきところをしっかり守り、考えるところをしっかり考えて、自分のものとする。そして今度は、自分が師匠となり弟子を取り、教えを伝えていく。そうすることによって、初めて一人前と認められる。
 薬剤師も師の付く職業である以上、弟子を取らなければ師といえず、真の薬剤師とはいえない。薬学部を卒業して国家試験に受かっても、“薬剤師見習い”にすぎないのである。
 優秀な薬剤師になるために研修に出掛けるのも結構だが、薬剤師道を極めんとする者には、優れた師と出会い、その下で研さんを積み、そして旅立つこと──「守・破・離」の理(ことわり)のごとく──が不可欠である。これは一朝一夕にできるものではない。そこには師から弟子へと時間を掛けて引き継がれたゆるぎなきもの、脈々と流れる流派伝統がある。決して自己流ではなく、確たる理論に裏打ちされた流派が。
 このような師の付く職業として当たり前のことを忘れてしまうようでは、薬剤師は“師がない”職業と言われてしまうことだろう。

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:270
  2. 痔主グーさんの特別講義@ひのくにノ薬局 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:123
  3. 一包化薬の残数を即座に把握 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ FBシェア数:10
  4. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  5. かかりつけ指導料、対象を高齢者に絞っては? トレンド(DIオンライン) FBシェア数:22
  6. 日医「診療所と薬局との連携が重要」 かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果が公表
  7. 硬いPTPシートに切り込みを入れる道具 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  8. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  9. オピオイドの薬効が減弱する相互作用は? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  10. 薬の発注業務に掛かる時間を短縮 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ