薬剤師道一直線

一、薬は奇しきものと心得よ

 武士の魂が刀ならば、薬剤師の魂はやはり薬であろう。薬がなければ何も始まらない。薬があって初めて薬剤師が存在する。
 では、武士が刀を大事にするように、薬剤師は薬を大事に扱っているであろうか。
 そもそも武士が刀を持つことには、単に武器を携える以上の意味がある。一つは、危険な武器を扱うことに対する責任感を持つということ。また、刀そのものにふさわしい、誇り高き振る舞いを行わんとする自尊心を持つことといえよう。むろん、刀を作り出す職人への敬意もそこには必要とされる。こうした責任感や自尊心、他者への敬意は、薬剤師も薬を扱う上で非常に重要なものである。
 ところで、薬の語源は「奇(くす)し」からきているという。奇しとは、「人知では計り知ることができないほど優れている。滅多にない。有ることが難しい。有り難い」を意味する言葉である。では、その有り難い薬を、もう一度言うが、薬剤師は本当に大事に扱っているであろうか。
 薬をまたいだり、足で移動させたり、放り投げたりするのは論外である。期限切れの薬も、最後の敬意を払って廃棄すべきである。
 患者さんに薬を渡すときに、薬剤師が最後にしなければならないこと──それは、うわべの「お大事に」を言うことではない。本当に大事に扱ってきたこの有り難い薬が、どうか効きますように、役に立ちますように、人知を超えた力を発揮しますように、そして患者さんが幸せになりますように──と願いを込めることである。それはまるで、子供の旅立ちを見送る親と同じように。
 そこまで真摯(しんし)に、謙虚に、そして愛情を持って薬と接していればこそ、薬剤師道を極めることができるのである。さあ、薬と向かい合おう! そうすればきっと、薬はあなたに「クスリ」とほほ笑んでくれるはずである。

(結城 真吾)

ログインしていません

  1. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  2. お茶やあめ、シールの提供をどう思いますか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:1
  3. 薬剤耐性菌の拡大は誰のせい? 薬剤師の取り組みこ… Inside Outside FBシェア数:2
  4. 月経前症候群(PMS)の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  5. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  6. インフルワクチン接種済みは7割 DIO読者倶楽部−薬剤師のホンネ−
  7. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ
  8. 阪神調剤が第1回社内学術大会を開催 トレンド(DIオンライン)
  9. 健康サポート薬局で調剤事業の強化・拡大を目指す 2017年1月号特集◎キーパーソンに聞く 薬局&薬剤師どうする2017
  10. セララ錠25mg、50mgに「慢性心不全」の適応… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」