DI Online昨日(06/25) のアクセスランキング

  1. まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に 2017/06/23 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は2017年6月22日、コデイン類含有製剤について12歳未満の小児への使用を禁忌とする方針を決めた。 551775
  2. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 2017/06/22  前回から、新店舗での新規個別指導に向けてのチェック係の命を受け、若手の管理薬剤師・桜井クンが応需した処方箋をチェックしています。今回は、こんな処方箋を選んでみました。 551749
  3. 適用は2019年4月1日から、経過措置期間は5年 添付文書の「原則禁忌」「慎重投与」が廃止 2017/06/09  厚生労働省は2017年6月8日、医療用医薬品の添付文書の記載要領についての通知を発出した。「原則禁忌」と「慎重投与」を廃止し、「特定の背景を有する患者に関する注意」を新設し項目を整理するほか、通し番号を設定するなど、約20年振りに全面変更する。適用は2019年4月1日からで、経過措置期間は5年間。 551645
  4. パタノール点眼28日分は何mL? 2017/06/12 このコラムは今回でなんと1周年を迎えることができました!(パチパチパチ)この1年、僕が受けた個別指導のいろんな事例を「関あきら」というペンネームでご紹介してきました。ただいくらペンネームとは言っても、個別指導の内容を書いているので、「社長とか会社の仲間にいつかバレちゃうんじゃないかなぁ〜」なんて心配をしていたんです〜。(ドキドキ……) 551535
  5. オランザピンの適応外使用が可能に 抗悪性腫瘍薬の投与に伴う悪心、嘔吐への使用が保険適用に 2017/06/13  厚生労働省医薬・生活衛生局は6月9日付けで医薬品審査管理課長通知「新たに薬事・食品衛生審議会において公知申請に関する事前評価を受けた医薬品の適応外使用について」を発出し、抗精神病薬のオランザピン(商品名ジプレキサ)を、シスプラチンなどの抗悪性腫瘍薬の投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)に対して使用した場合に、保険適用の対象とすることを周知した。 551675
  6. ディートが使いにくい人や子どもにも使える新しい虫よけ 2017/06/23 【相談】皮膚が敏感な患者さんから、かぶれにくくて、子どもにも使える虫よけスプレーを探していると相談を受けました。成分の特徴や薦める際のポイントを教えてください。(40代女性) 551600
  7. トラムセットとプリンペラン併用はいつまで? 2017/06/15  「最近、食欲が止まらないのよ」と、言い訳にもならない言葉を口にしながらMさんが差し出した処方箋に記載された糖尿病治療薬は、メトホルミン塩酸塩錠500mgからエクメット配合錠HDへと変更になっていた。「あっ、それからお薬手帳。ちゃんと整形外科でもシール貼ってもらってきたから! “痛み止め”と一口に言ってもたくさんあるから、ちゃんとお薬手帳にシールを貼ってもらってきてって、前回ケンシロウ君に怒られたからね」。 551687
  8. 一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい 2017/06/21  既に1カ月ほど前の話なのですが、厚生労働省保険局医療課が2016年度診療報酬改定の疑義解釈資料(その11)を発表しました。同省のウェブサイトでも公開されています。この中で、医科の部分で気になることが書かれていました。一般名処方加算に関する部分(問3)で要約すると、「一般名処方の際に先発医薬品名を併記した場合、一般名処方加算の算定が可能である」という内容です(関連記事「商品名併記も一般名処方加算は算定可能」)。ご存じのように、一般名処方を促進するため、処方箋発行の際に2点ないし3点の一般名処方加算が設定されています。 551734
  9. 基本料一本化とかかりつけ要件の見直し求める NPhAが次期調剤報酬改定に向けて要望書を発表 2017/06/20  日本保険薬局協会(NPhA)は6月16日、「平成30年度診療報酬改定等に関する要望書」を発表し、調剤報酬について、細分化が進む調剤基本料の一本化を要望した。かかりつけ薬剤師制度にも言及し、現行の勤務時間や薬局在籍期間などを定めた施設基準について、現場の働き方を制限しているとして見直しを求めた。 551726
  10. デング熱疑いにはどの解熱鎮痛薬を薦めるべき? 2014/09/03 8月末からニュースになっているデング熱について、来局した患者や家族から質問を受けます。デング熱の治療にはどのような薬が使われるのか、また患者にアドバイスすべきポイントを教えてください。(東京都、50代女性) 538204
  11. 薬局実務実習中間報告 図々しい実務実習生でもいいですか 立命館大学薬学部5年 小池雄悟 2017/06/22  DI Online をご覧の皆様、こんにちは。2017年度日本薬学生連盟会長を務めます、立命館大学5年の小池雄悟です。大学に入り、あっという間に座学の期間が終わり、現在は薬局にて実務実習に励んでいます。実習先はふるさとの長野県にある、とあるドラッグストアです。今回は薬局実務実習の中間報告としまして、この5週間で感じたことをつづらせていただきます。 551721
  12. ホクナリンテープ、後発品が適さないのは誰? 2017/06/02  「ちょっといいッスか? ユウさんって、ジェネリック推進派ですよね」。処方箋を手にしたケンシロウがバックヤードに顔を出すなり、唐突に、そして要領の得ない質問を繰り出してきた。「でも、ジェネリックを薦めていないものもありますよね。じつはNさんがジェネリックを希望されているんですけど、どう思います?」 551497
  13. メサドンの使い方(2)血中濃度と効果・副作用との関係 2017/06/22  前回に続いて、メサドン塩酸塩(商品名メサペイン)を使用するに当たり考慮すべきことについて解説する。他のオピオイドと同様に、メサドンにおいても血中メサドン濃度と効果・副作用は相関する。特にメサドンは複雑な血中動態を示すため、血中濃度変動を考え、メサドンの投与スケジュールを考えなければならない。 551715
  14. 希望する日に有給休暇が使えない 2017/06/20 「従業員が10人未満の小規模薬局にパート勤務(週4日・1日8時間勤務)しています。当薬局には雇用契約書・就業規則がありません。また、お盆・年末年始の休みに有給休暇を強制的に使われ、通常の勤務日に有給休暇を使うことができません。私以外の従業員もおかしいと感じているのですが、経営者が威圧的な男性なので言い出しにくく、どうしたものか困っています」。30代の女性薬剤師のこんな悩みに対する、社会保険労務士の回答は――。 551731
  15. 特集◎運転禁止薬の服薬指導《1》 もはや避けては通れない運転禁止薬の説明 2017/06/14  危険運転に対する社会の目が厳しくなっている。薬剤師には薬学的知見に基づく指導が義務化されており、薬局においても運転禁止薬についての説明体制を整えるべき時代になっている。 551602
  16. 薬剤師免許は必要なのかと聞かれたら 2017/06/15  皆さんは経済学者の池田信夫氏をご存知でしょうか。最近、彼のツイッター上で薬局や薬剤師免許に話が及んで、“にぎやか”になったようです(いわゆる炎上状態)。薬局、薬剤師免許に関連した池田氏の主張を少し紹介します。 551705
  17. 後発品初収載はテルミサルタンやミグリトールなど13成分 エビリファイの後発品収載は13社109品目 2017/06/19  厚生労働省は6月15日、後発医薬品などの薬価基準を告示した。収載は6月16日付け。このうち、今回初めて収載された後発品は13成分(内用薬10成分、注射薬2成分、外用薬1成分)だった(表)。後発品の収載品目数が最も多かったのは、13社が収載した抗精神病薬のアリピプラゾール(商品名エビリファイ)の109品目。規格は普通錠やOD錠をはじめ、散剤、内用液など13規格だった。 551724
  18. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 2017/06/21  体を発熱させるには多くのエネルギーを要するが、加齢に伴い、この「発熱を起こす」機能が純化していると言われている。そのため一般的に、高齢者の平熱は若年者に比べて低く、また、重症感染症に罹患しても、微熱程度にしか発熱しないことがある点に注意が必要である。 551696
  19. インデラルで指導された意外な嗜好品とは? 2017/05/17  今回の処方は、ずっと以前から頻脈性不整脈の治療でインデラル(一般名プロプラノロール塩酸塩)を服用している方への処方です。今回、個別指導の対象になったのは、かぜを引いてしまって、咳がひどくなってしまった時の処方でした。皆さんは、この処方箋を受け取ったらどうしますか?疑義照会、悩みますよね? 551292
  20. 特集◎運転禁止薬の服薬指導《4》 運転に影響する副作用の有無を確認 2017/06/19  運転禁止薬の説明の際には、伝え方に注意が必要だ。滋賀医科大学社会医学講座教授の一杉正仁氏は、「服薬アドヒアランスへの影響を考えると、『服用中の運転が禁止されています』といったストレートな表現で伝えることにも問題がある。『この薬は眠くなりやすいので車の運転には十分注意してください』といったニュアンスで伝える方が、患者を混乱させることなく情報を伝えられるのではないか」と話す。 551670

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 STOP! 調剤過誤 50の工夫

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:311
  2. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:76
  3. 添付文書の「原則禁忌」「慎重投与」が廃止 適用は2019年4月1日から、経過措置期間は5年
  4. パタノール点眼28日分は何mL? セキララ告白!個別指導
  5. オランザピンの適応外使用が可能に トレンド(DIオンライン)
  6. ディートが使いにくい人や子どもにも使える新しい虫… 薬局なんでも相談室
  7. トラムセットとプリンペラン併用はいつまで? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  9. 基本料一本化とかかりつけ要件の見直し求める トレンド(DIオンライン)
  10. デング熱疑いにはどの解熱鎮痛薬を薦めるべき? 薬局なんでも相談室