コラム一覧

コラム: 佐谷圭一の「故きを温ねて新しきを知る」

コラム: 佐谷圭一の「故きを温ねて新しきを知る」

連載の紹介

過去があるから今がある。そして歴史は繰り返される――。院外処方箋発行率が10%に満たない時代から医薬分業を推し進めてきた元日薬会長の佐谷氏が、今の薬局・薬剤師業界で話題になっている出来事について、先人たちの営みを振り返りながら解説します。

著者プロフィール

佐谷圭一(日本薬剤師会元会長/アスカ薬局)さや けいいち氏 1961年、明治薬科大学卒業。薬局勤務を経て、63年アスカ薬局(東京都練馬区)開局。74年日本薬剤師会常務理事に就任、95年から98年まで中央社会保険医療協議会委員を務め、98年から2002年まで日本薬剤師会会長。現在は同会顧問。著書に『十文字革命』(薬事日報社)など。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 トレーシングレポート120%活用術

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 財務省の薬価制度の改革資料に驚き 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:39
  2. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  3. 新潟薬科大学、薬学部新設計画を見直し 費用負担と用地確保がネックに FBシェア数:35
  4. 緊急調査◆処方箋付け替えを1割強の薬剤師が認識 薬剤師会員803人に聞いた
  5. ペントイルなど、4月から薬価収載対象外に 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  6. 中医協の幸野委員が語る次期改定のキーワード 次期改定も追い風?
  7. 日薬会長、「医薬分業を進めるも壊すも薬剤師」 トレンド(DIオンライン)
  8. クオールの処方箋付け替え問題を耳にして 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  9. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  10. この在宅患者は介護保険?医療保険? 新井翔の「I love 在宅」