コラム一覧

コラム: 大野真理子の「アメリカで薬剤師になる!」

コラム: 大野真理子の「アメリカで薬剤師になる!」

連載の紹介

米国の大手チェーン薬局「ウォルグリーン」に薬剤師として勤務する大野氏が、米国の薬局や薬局薬剤師の“今”を現地からリポート。単身渡米してPharm. D.を取得し、米国で薬局長に就任するまでの苦労話やエピソードも紹介します。米国の実情や米国での免許取得に関する質問は、記事の下のコメント欄からどうぞ。

著者プロフィール

大野真理子(ウォルグリーン デイトナビーチ店薬局長〔米国フロリダ州〕)
おおの まりこ氏。1997年、武庫川女子大薬学部卒。同大学助手を経て、2002年にフロリダ大学薬学部に留学。2005年に同大を卒業、Pharm. D.(米国の薬剤師免許)を取得してウォルグリーンに就職し、2007年6月

ログインしていません

  1. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  2. セフゾンで赤くなるのは尿だけ? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:112
  3. 医療従事者の不適切な行動を防ぐ手立ては? 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:19
  4. ザイザルシロップで大誤算! セキララ告白!個別指導
  5. ビラノアとアレグラに共通する相互作用とは? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  6. 薬剤師が変われない理由はこの2つ! 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  7. 厚労省の後発品品質検査、99.7%で「適合」 トレンド(DIオンライン)
  8. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  9. アレルギー対策推進の基本指針が告示 トレンド(DIオンライン)
  10. オピオイドの薬効に血中蛋白濃度は影響する? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」