コラム一覧

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

連載の紹介

急性期病院約200病院、実患者数が1000万人を超える膨大な診療情報を基に構築されている、メディカル・データ・ビジョンの「MDV EBM データベース」。このビッグデータの分析から浮かび上がる、病院における薬剤の処方実態を、データサイエンティストが読み解きます。

著者プロフィール

中村正樹(メディカル・データ・ビジョン株式会社〔東京都千代田区〕EBM事業部門長シニアマネージャ)
なかむら まさき氏 メディカル・データ・ビジョンにて、病院における薬剤処方実態のデータベース化事業の立ち上げメンバーとして、企画から営業まで携わる。現在、EBM事業部門長として、製薬会社のマーケティング部門や安全性に関わる部門などへの調査提案を行っている。専門は医療データ分析。趣味は祭(御輿担ぎ)と登山。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 STOP! 調剤過誤 50の工夫

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  2. 図々しい実務実習生でもいいですか 日本薬学生連盟の「薬学生の主張」 FBシェア数:48
  3. 一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:27
  4. 基本料一本化とかかりつけ要件の見直し求める トレンド(DIオンライン)
  5. メサドンの使い方(2)血中濃度と効果・副作用との… 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  6. パタノール点眼28日分は何mL? セキララ告白!個別指導
  7. 希望する日に有給休暇が使えない 薬局なんでも相談室
  8. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」
  9. トラムセットとプリンペラン併用はいつまで? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  10. 薬剤師免許は必要なのかと聞かれたら 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」