コラム一覧

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

連載の紹介

急性期病院約200病院、実患者数が1000万人を超える膨大な診療情報を基に構築されている、メディカル・データ・ビジョンの「MDV EBM データベース」。このビッグデータの分析から浮かび上がる、病院における薬剤の処方実態を、データサイエンティストが読み解きます。

著者プロフィール

中村正樹(メディカル・データ・ビジョン株式会社〔東京都千代田区〕EBM事業部門長シニアマネージャ)
なかむら まさき氏 メディカル・データ・ビジョンにて、病院における薬剤処方実態のデータベース化事業の立ち上げメンバーとして、企画から営業まで携わる。現在、EBM事業部門長として、製薬会社のマーケティング部門や安全性に関わる部門などへの調査提案を行っている。専門は医療データ分析。趣味は祭(御輿担ぎ)と登山。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 GO!GO!在宅

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 提案を受け入れない医師が悪い!? 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:33
  2. モーニングアフターピルについて話してみる(1) まいにち薬剤師 FBシェア数:32
  3. 仕事の8割は“段取り力”で決まる 裴英洙の「薬学部では教えてくれないマネジメント術」 FBシェア数:56
  4. 在宅で押さえておきたいキーパーソンは誰? 2017年8月号特集◎GO!GO!在宅
  5. 薬局薬剤師が在宅訪問するのはどんな人? 2017年8月号特集◎GO!GO!在宅
  6. 注目のOTC薬◆にきび治療薬他 トレンド(DIオンライン)
  7. ツルハが杏林堂を子会社化、売上6000億円へ トレンド(DIオンライン)
  8. 自称・医療関係者を名乗る方が来局されて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  9. プロプラノロールが禁忌な「ニャハ」!? セキララ告白!個別指導
  10. スインプロイクが真のOIC治療薬になり得た訳 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」