コラム一覧

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

連載の紹介

急性期病院約200病院、実患者数が1000万人を超える膨大な診療情報を基に構築されている、メディカル・データ・ビジョンの「MDV EBM データベース」。このビッグデータの分析から浮かび上がる、病院における薬剤の処方実態を、データサイエンティストが読み解きます。

著者プロフィール

中村正樹(メディカル・データ・ビジョン株式会社〔東京都千代田区〕EBM事業部門長シニアマネージャ)
なかむら まさき氏 メディカル・データ・ビジョンにて、病院における薬剤処方実態のデータベース化事業の立ち上げメンバーとして、企画から営業まで携わる。現在、EBM事業部門長として、製薬会社のマーケティング部門や安全性に関わる部門などへの調査提案を行っている。専門は医療データ分析。趣味は祭(御輿担ぎ)と登山。

ログインしていません

  1. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:296
  2. 誤解が多い妊婦さんの葉酸の取り方 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:122
  3. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部 FBシェア数:217
  4. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」
  5. 薬の仕切りを活用した軟膏ヘラスタンド みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  6. 「発注忘れ」を防止するカードとホルダー みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  7. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside
  9. オピオイドの薬効が減弱する相互作用は? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」
  10. かかりつけ薬剤師、3年以上の勤務経験が壁 トレンド(DIオンライン)