コラム一覧

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

コラム: 中村正樹の「ビッグデータから読む処方トレンド」

連載の紹介

急性期病院約200病院、実患者数が1000万人を超える膨大な診療情報を基に構築されている、メディカル・データ・ビジョンの「MDV EBM データベース」。このビッグデータの分析から浮かび上がる、病院における薬剤の処方実態を、データサイエンティストが読み解きます。

著者プロフィール

中村正樹(メディカル・データ・ビジョン株式会社〔東京都千代田区〕EBM事業部門長シニアマネージャ)
なかむら まさき氏 メディカル・データ・ビジョンにて、病院における薬剤処方実態のデータベース化事業の立ち上げメンバーとして、企画から営業まで携わる。現在、EBM事業部門長として、製薬会社のマーケティング部門や安全性に関わる部門などへの調査提案を行っている。専門は医療データ分析。趣味は祭(御輿担ぎ)と登山。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 業務改善待ったなし

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. こんな「こどもクスリ教室」が大好評 第50回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:65
  2. 【漫画】10年ぶりの薬局勤務あるある ガンバレ薬剤師 FBシェア数:32
  3. 日薬大会の会場にタイムマシンがあったなら 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:50
  4. 健保連、保湿剤の保険適用除外を提言 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:105
  5. 別包にしていたレボドパ製剤とカマグを施設職員が混… 澤田教授の「育薬」道場 FBシェア数:50
  6. 「患者から学ぶ」を意識した薬学教育 世界薬局・薬学部探訪記 FBシェア数:2
  7. 都道府県薬の7割が倫理審査委員会「なし」 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:12
  8. アセトアミノフェンとアスピリンが在庫切れへ トレンド(DIオンライン)
  9. 何をすれば「かかりつけ」と認めてもらえる? 第50回日本薬剤師会学術大会より
  10. 県内4割の薬局が導入、電子お薬手帳の効果は? 第50回日本薬剤師会学術大会より