コラム一覧

コラム: 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」

コラム: 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」

連載の紹介

関節リウマチはこの20年ほどで新薬が多数登場し、その予後は劇的に変わりました。しかし患者の不安が完全に解消されたわけではなく、むしろ服薬指導を担う薬剤師の役割は、より重要になっています。富山の病院でリウマチ治療を18年間見つめてきた宮崎徹氏が、見聞きし、経験してきた治療のあれこれを、病院薬剤師ならではの視点で綴ります。

著者プロフィール

宮崎徹(厚生連滑川病院[富山県滑川市]薬剤部)◎富山県生まれ。1989年に名城大学薬学部を卒業、同大薬学専攻科に進学。専攻科修了後から病院薬剤師として研さんを積み、99年から厚生連滑川病院に勤務。現在は関節リウマチと低栄養の治療に関心を持ち、日々奔走。日本リウマチ財団登録薬剤師、日本静脈経腸栄養学会学術評議員・NST専門療法士。座右の銘はPatient-Oriented。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 目指せ! うんこマイスター

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. 医療機関と薬局の連携への評価に暗雲 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:106
  2. ロコアテープは「V」に注目! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:60
  3. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:22
  4. ミリリットルとミリグラム 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:26
  5. 調剤基本料、聖域なき改定は必至 2017年12月号特集◎どこに向かう 調剤報酬改定 FBシェア数:32
  6. 「もうかっているから寄こせ」では残念すぎる 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  7. 【漫画】マジで“痛し痒し”の帯状疱疹 ガンバレ薬剤師
  8. お薬手帳を活用しない薬局は引き下げに トレンド(DIオンライン)
  9. ノルレボを反復使用する患者さんへの対応 まいにち薬剤師
  10. 1日1問薬剤師国試◎骨転移に用いる薬は こちら日経DI編集部