コラム一覧

コラム: 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」

コラム: 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」

連載の紹介

「日本の地域医療をこれまで以上に機能させるには、薬局・薬剤師が第3世代(=3.0)に進化することが不可欠」という持論を持つ狭間氏。薬局経営者として、時に臨床医として、多忙ながらも充実した日々を送る狭間氏が、日常のちょっとした場面を切り取りながら、次世代の薬局や薬剤師のあり方を発信します。

著者プロフィール

狭間研至(ファルメディコ株式会社[大阪市北区]代表取締役、思温病院[大阪市西成区]理事長)
はざま けんじ氏。薬局の息子として育ち、大阪大学医学部を卒業して外科医に。2004年、同大学大学院医学系研究科臓器制御外科(博士課程)修了と同時に、実家の薬局を継承。薬局経営を続けながら、医師としては在宅療養診療所勤務を経て、17年1月より思温病院(大阪市西成区)の理事長に就任。薬剤師生涯教育、薬学教育にも積極的に取り組んでいる。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 STOP! 調剤過誤 50の工夫

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:311
  2. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:76
  3. 添付文書の「原則禁忌」「慎重投与」が廃止 適用は2019年4月1日から、経過措置期間は5年
  4. パタノール点眼28日分は何mL? セキララ告白!個別指導
  5. オランザピンの適応外使用が可能に トレンド(DIオンライン)
  6. ディートが使いにくい人や子どもにも使える新しい虫… 薬局なんでも相談室
  7. トラムセットとプリンペラン併用はいつまで? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  9. 基本料一本化とかかりつけ要件の見直し求める トレンド(DIオンライン)
  10. デング熱疑いにはどの解熱鎮痛薬を薦めるべき? 薬局なんでも相談室