コラム一覧

コラム: 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」

コラム: 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」

連載の紹介

「日本の地域医療をこれまで以上に機能させるには、薬局・薬剤師が第3世代(=3.0)に進化することが不可欠」という持論を持つ狭間氏。薬局経営者として、時に臨床医として、多忙ながらも充実した日々を送る狭間氏が、日常のちょっとした場面を切り取りながら、次世代の薬局や薬剤師のあり方を発信します。

著者プロフィール

狭間研至(ファルメディコ株式会社[大阪市北区]代表取締役、千本病院[大阪市西成区]院長代理)
はざま けんじ氏。薬局の息子として育ち、大阪大学医学部を卒業して外科医に。2004年、同大学大学院医学系研究科臓器制御外科(博士課程)修了と同時に、実家の薬局を継承。薬局経営を続けながら、医師としては在宅療養診療所勤務を経て、15年8月より千本病院(大阪市西成区)の院長代理に就任。薬剤師生涯教育、薬学教育にも積極的に取り組んでいる。

ログインしていません

  1. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:46
  2. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:66
  3. お茶やあめ、シールの提供をどう思いますか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 薬局では「意外と第1類医薬品が売れる」 DIO読者倶楽部−薬剤師のホンネ−
  5. ハーボニー「偽造品」発見で注意喚起 交付時は患者の前で開封し錠数など確認を
  6. 「薬剤師は監査と服薬指導だけやれ!」の衝撃 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  7. 薬剤耐性菌の拡大は誰のせい? 薬剤師の取り組みこ… Inside Outside
  8. 超高齢社会の「真の医薬分業体制」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  9. オリジナルの連絡票で効率良く残薬を確認 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  10. 連携できる薬局こそ、かかりつけや健康サポートに最… 2017年1月号特集◎キーパーソンに聞く 薬局&薬剤師どうする2017