コラム一覧

コラム: 症例から学ぶ 薬剤師のためのEBM

コラム: 症例から学ぶ 薬剤師のためのEBM

連載の紹介

「薬剤師の臨床判断において、多面的評価を行うためにエビデンスは不可欠」と話す青島氏。論文の読み方の基本から、臨床現場でのEBM(科学的エビデンスに基づく医療)の実践のヒントまでを分かりやすく解説します。冒頭に提示した症例に対し、自分だったらどう対応するかを考えながら、論文を読み進めてください。

著者プロフィール

青島 周一(病院勤務薬剤師、「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)
あおしま しゅういち氏 2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBMスタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録をブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

ログインしていません

  1. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  2. セフゾンで赤くなるのは尿だけ? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:112
  3. 医療従事者の不適切な行動を防ぐ手立ては? 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:19
  4. ザイザルシロップで大誤算! セキララ告白!個別指導
  5. ビラノアとアレグラに共通する相互作用とは? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  6. 薬剤師が変われない理由はこの2つ! 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  7. 厚労省の後発品品質検査、99.7%で「適合」 トレンド(DIオンライン)
  8. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  9. アレルギー対策推進の基本指針が告示 トレンド(DIオンライン)
  10. オピオイドの薬効に血中蛋白濃度は影響する? 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」