コラム一覧

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

連載の紹介

近年、医療現場では多剤併用(ポリファーマシー)が問題となっています。本連載ではポリファーマシーの具体的な症例を提示しながら、薬学的・医学的な問題点を整理するプロセスや、医療従事者と患者が抱いている薬物療法へのイメージのギャップをどう埋めるかについて考えていきます。論文の読み方は、「症例から学ぶ薬剤師のためのEBM」を参照してください。

著者プロフィール

青島周一(病院勤務薬剤師、「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)
あおしま しゅういち氏 2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBMスタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録をブログ「地域医療の見え方」などに書き留めている。

ログインしていません

  1. 「眠れない=睡眠薬」で十分ですか? 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:26
  2. 分包紙を破らずに一包化した薬を粉砕 みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ FBシェア数:4
  3. のど飴でドーピング違反に? 薬局なんでも相談室 FBシェア数:65
  4. 誤解が多い妊婦さんの葉酸の取り方 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:124
  5. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  6. 100万ポイント争奪! 1日1問国試にチャレンジ こちら日経DI編集部
  7. オリジナルの薬入れで個人情報を守る みんなで選ぶ!第4回日経DI薬局ツールグランプリ
  8. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」
  9. かかりつけ研修認定の確認ははがきでも可 厚生労働省が疑義解釈資料を公表
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside