コラム一覧

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

連載の紹介

近年、医療現場では多剤併用(ポリファーマシー)が問題となっています。本連載ではポリファーマシーの具体的な症例を提示しながら、薬学的・医学的な問題点を整理するプロセスや、医療従事者と患者が抱いている薬物療法へのイメージのギャップをどう埋めるかについて考えていきます。論文の読み方は、「症例から学ぶ薬剤師のためのEBM」を参照してください。

著者プロフィール

青島周一(病院勤務薬剤師、「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)
あおしま しゅういち氏 2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBMスタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録をブログ「地域医療の見え方」などに書き留めている。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 嚥下困難患者の薬を飲みやすく

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 職人技が消えていく 平野道夫の「薬局手習指南所」 FBシェア数:12
  2. アイン、特区でのオンライン服薬指導を開始へ トレンド(DIオンライン) FBシェア数:55
  3. 「なし崩しスタート」は避けたい遠隔服薬指導 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:29
  4. 薬について医師と薬剤師のどちらを信用する? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:51
  5. 薬剤師が医師に言ってはいけない言葉 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:341
  6. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:32
  7. 世界を目の前に、いま薬学生が思うこと 日本薬学生連盟の「薬学生の主張」 FBシェア数:0
  8. 2年次の進級は1500人中110人という狭き門 世界薬局・薬学部探訪記
  9. 褥瘡の「創縁」「創面」の性状を把握しよう 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」
  10. タミフルやアイミクスの後発品が薬価収載 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正