コラム一覧

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

連載の紹介

近年、医療現場では多剤併用(ポリファーマシー)が問題となっています。本連載ではポリファーマシーの具体的な症例を提示しながら、薬学的・医学的な問題点を整理するプロセスや、医療従事者と患者が抱いている薬物療法へのイメージのギャップをどう埋めるかについて考えていきます。論文の読み方は、「症例から学ぶ薬剤師のためのEBM」を参照してください。

著者プロフィール

青島周一(病院勤務薬剤師、「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)
あおしま しゅういち氏 2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBMスタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録をブログ「地域医療の見え方」などに書き留めている。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 シーズン到来!花粉症のイロハ

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 「頭痛にロキソニン」は疑義必至!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:56
  2. 「入院時の持参薬確認」が病院向け点数の要件に 病院薬剤師に関わる診療報酬改定2018 FBシェア数:146
  3. 埼玉の薬局が処方箋薬の販売で業務停止 埼玉県内ではウブレチド事件以来の行政処分に FBシェア数:172
  4. 女性の神経因性膀胱、なぜエブランチルだけ? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:52
  5. 薬剤師の転職理由に驚き 平野道夫の「薬局手習指南所」 FBシェア数:83
  6. 患者の薬局選びの基準が変わる可能性 2018年2月号特集◎いよいよ始まる 薬局の“格付け” FBシェア数:76
  7. 物忘れ(健忘)、認知症予防の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:46
  8. 「ここだけは押さえておきたい」改定のキモ 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:157
  9. 地域支援体制加算は35点、基準加算は廃止 調剤報酬改定2018 FBシェア数:172
  10. 調剤報酬の減算規定は国からのメッセージ 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:36
医師と医学研究者におすすめの英文校正