コラム一覧

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

連載の紹介

近年、医療現場では多剤併用(ポリファーマシー)が問題となっています。本連載ではポリファーマシーの具体的な症例を提示しながら、薬学的・医学的な問題点を整理するプロセスや、医療従事者と患者が抱いている薬物療法へのイメージのギャップをどう埋めるかについて考えていきます。論文の読み方は、「症例から学ぶ薬剤師のためのEBM」を参照してください。

著者プロフィール

青島周一(病院勤務薬剤師、「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)
あおしま しゅういち氏 2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBMスタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録をブログ「地域医療の見え方」などに書き留めている。

ピックアップ

カロナール出荷再開

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 目指せ! うんこマイスター

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. お薬手帳を活用しない薬局は引き下げに トレンド(DIオンライン) FBシェア数:63
  2. 新発売リクシアナOD錠と普通錠を比べてみたら 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:30
  3. 「かかりつけ月100回」特例除外、廃止か トレンド(DIオンライン) FBシェア数:50
  4. 調剤基本料2と3の見直しに異論なし トレンド(DIオンライン) FBシェア数:90
  5. 門前と敷地内はどっこいどっこい Inside Outside FBシェア数:3
  6. 協会けんぽ、薬局に後発品使用を促す新手 2017年11月号特集◎後発品をどう選ぶ2017
  7. 「グレーゾーン解消制度」を使った薬局が開店 トレンド(DIオンライン)
  8. 「抗菌薬の適正使用の説明」を指導料に明記へ トレンド(DIオンライン)
  9. 清掃会社の社長がお詫びに来て強く感じたこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  10. ロコアテープは「V」に注目! セキララ告白!個別指導