このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
非ホジキンリンパ腫の再発リスクは?

<質問>

10年前に非ホジキンリンパ腫(NHL)と診断され、現在は無再発状態が6年間続いています。経過観察はどのくらい重要でしょうか。6年間無再発の場合、再発の可能性はどの程度ですか。

<回答者>Sandra Horning氏、医師

Stanford大学医療センター、腫瘍内科学・血液骨髄移植教授、ASCO 2005〜2006年度会長

 NHLには30タイプありますが、6年過ぎればほとんど再発しないものと、引き続き経過観察を要するものがあります。ご自身のリンパ腫のタイプに適切な経過観察について、担当の血液内科医または腫瘍専門医にお尋ねになってください。

(監修:岩手医科大学 柏葉 匡寛)

This discussion was originally presented on August 21, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年8月21日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年10月23日