このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

<質問>

私のがんの治療は終ったのですが、再発の恐怖、自分を低く評価してしまうこと、何か物事を決める時にとても不安を覚えることなどについて、話を聞いてくれるカウンセラーやセラピストを探しています。がんに関するこうした問題に対応できる専門のカウンセラーを探すには、どのようにすればいいでしょうか。

<回答者>Diane Blum氏 メディカルソーシャルワーカー

Cancer Care の理事、People Living With Cancer の編集長。

 いくつかの方法があります。まず、あなたの地域にそういった専門家がいないかどうか、主治医に尋ねてみることです。また、Cancer Careの電話800-813-4673※では、がん専門のソーシャルワーカーと話すことができます。また、American Psychosocial Oncology Society(APOS・電話866-276-7443)、ここは、がん治療の領域で働くメンタルヘルスの専門団体ですが、こちらもカウンセリングの紹介業務を行っています。ご指摘のような課題に悩まれるのは当然のことです。あなたの気持ちや、どのようにして不安を解消すればいいのかについて、専門のカウンセラーに話すことは、とても役に立ちます。

 (監修:桃山学院大学社会学部社会福祉学科教授 伊藤高章)

※監修者注釈
 800で始まる電話番号は、米国内であれば通話料無料で話しができます。ただし、米国外からこの番号に電話することはできません。

※編集部注釈
 American Psychosocial Oncology Society(APOS)と同様、がんのメンタルヘルスに関する専門家の集団として、日本には日本サイコオンコロジー学会があります。サイコオンコロジー学会では、APOSのような電話相談は行っていません。その理由として、サイコオンコロジー学会のみでは、電話相談を行うために必要な人材を雇うために必要な予算を捻出できないことが大きいようです。ただし、同会代表世話人の国立がんセンター東病院臨床開発センター部長の内富庸介氏は、「今後、何らかの形で、サイコオンコロジストを紹介する方法を考えたい」と語っています。

 

【参考記事】
サイコオンコロジー がん患者の心のケアを提供
家族のがんを支える 患者と一緒に家族もケアを

 

This discussion was originally presented on December 29, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年12月29日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイトPeople Living With Cancerに掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年4月 3日