このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

<質問>

親友には数年間白血病と闘病している11歳の子供がいます。彼女とご主人は、(当然のことと思いますが) 彼らのほとんど全ての時間を病気のケアに当て、精神的にも、経済的にも、また肉体的にも、ほとんどすべてを闘病に費やしているのです。私たちの家族は、彼女の家族とよく一緒に過ごすのですが、彼女の他の二人の子供(1人は病気の子供よりも年上で、1人は年下です)は、自分にも構ってほしいというサインを出しているように感じられます。私はどうすればいいでしょうか。

<回答者>Diane Blum氏 メディカルソーシャルワーカー

Cancer Care の理事、People Living With Cancer の編集長。

 彼女のお子さんと一緒に過ごしたいと言ってみてはいかがでしょう。あなたのご家族の活動に、その子たちを参加させるのです。そして、こうやってお手伝いできてうれしい、と伝えましょう。

 子供ががんの治療を受けている家族をサポートしてくれる専門家がいます。電話800-813-4763※かインターネットのホームページ(www.cancercare.org)にある、がんケア相談に問い合わせてみてください。そこには無料で相談に乗ってくれるこの分野専門のソーシャルワーカーがいます。「がんケアの専門組織について聞いたことがあり、たくさんの人が利用して満足だと言っているみたいだ」、というように、ご友人に話してみてはいかがでしょう。あなたが、彼女のお子さんたちから、何か構ってほしいというサインを感じる、ということは話す必要はありません。ただ、全部ご自分でやるのは大変だから、手伝ってくれるサービスを紹介する、ということで良いでしょう。

 (監修:桃山学院大学社会学部社会福祉学科教授 伊藤高章)

※監修者注釈
 800で始まる電話番号は、米国内であれば通話料無料で話しができます。ただし、米国外からこの番号に電話することはできません。

※編集部注釈
 日本では、米国のCaner Care(がん患者や家族の支援団体)のような全国的な組織は少ないですが、個々の患者団体や患者支援団体が運営する「電話相談窓口」が徐々に増えています。また、何らかの相談窓口を持ち、常駐のカウンセラーやソーシャルワーカーが働いている病院も増えています。まず、自分が治療を受けている病院に相談窓口があれば、躊躇せず相談してみてください。もしも自分が治療を受けている病院に相談窓口が無い場合などは、地域がん診療拠点病院に指定されている病院の相談窓口に問い合わるといいでしょう。

【参考記事】
患者支援団体らが国に要望書を提出電話相談コールセンターの早期設置望む
相談窓口の利用法 勇気を出して聞いてみよう
家族のがんを支える 患者と一緒に家族もケアを
悩みを解決できる相談員は、患者が育てる

 

This discussion was originally presented on December 29, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年12月29日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイトPeople Living With Cancerに掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年4月 3日