このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
有機食品のみを食べるように勧める友人、従うべき?

<質問>

友人から、私の身体は弱っているので、有機食品だけを食べるようにし、非有機食品に含まれる化学物質や農薬を摂取してはいけないと言われました。この意見に賛成されますか。

<回答者>Tim Byers氏、医師・公衆衛生学修士

Colorado大学がんセンター副所長

<回答者>Colleen Gill氏、登録栄養士

Colorado大学病院勤務

Ms. Gill:私は一般的な指針として、果物や野菜を多く摂るように患者さんに勧めています。そしてこの目標を念頭に、ハードルをできるだけ低くするという立場を取っています。農薬ががんのリスクに占める割合はごくわずかです。いくつかの研究によれば、有機食品は栄養分をいくらか多く含んでいる可能性がありますが、だからといって非有機の果物や野菜に価値がないことにはなりません。

Dr. Byers:米国内で流通している果物や野菜の残留農薬は非常に低いレベルです。そしてこれらの化合物は、果物や野菜に含まれる天然の化合物とまったく同じように、体内で解毒されます。

 食品に含まれる除草剤や殺虫剤の毒性のおそれは、一般の人の間でかなり誇張されています。有機栽培の食品は地元で生産されることが多いので、そうでない食品と比べて味が良いということはあるでしょうが、有機食品のほうが安全である、あるいはがん予防効果が高いはずだとは私は思いません。

Ms. Gill:もうひとつ付け加えますと、有機食品を買うコストによって果物や野菜の購入量が制限されてしまうようなら、最終的なメリットはプラスにはなりません。化学物質への接触は、果物や野菜をていねいに洗うことによって減らすことができます。冷凍の果物や野菜も同等の栄養価がありますので、食事に取り入れることを検討してみてください。

(監修:聖路加国際病院 中村 美波理)

This discussion was originally presented on August 30, 2005 on www.plwc.org
この内容は、2005年8月30日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

がんのチーム医療:チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2008年3月25日