このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
がん治療を受けるまえに生殖能力を調べる方法は?

<質問>

がん治療を受ける前に生殖能力を調べる方法はありますか。私にとって、今後、このことが大きな問題となるかもしれません。私は29歳の女性で、子供はいません。

<回答者>Leslie Schover氏

Texas大学M.D. Anderson がんセンター行動科学教授

 正常な月経周期のある29歳の女性なら、不妊かもしれないと考える特別な理由(これまでに妊娠しようとしてできなかったことがある、陰部感染あるいは多嚢胞性卵巣の病歴があるなど)がない限り、ほとんどの人に生殖能力があります。検査としては、産婦人科で月経3日目に採血して卵胞刺激ホルモン(FSH)を調べてもらうとよいでしょう。値が高い場合は早発閉経(閉経が正常より早く始まること)の可能性がありますが、これは非常にまれです。卵管閉塞の有無を調べる検査などもありますが、何か問題があると考える理由がない限り、こうした検査は行われません。

(監修:国立病院機構四国がんセンター 青儀 健二郎)

This discussion was originally presented on April 25, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年4月25日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2008年2月26日