このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
乳房切除後の自分を受け入れられない、どうしたらいい?

<質問>

私は常に外見に気を使い、体型に自信をもってきました。しかし乳房切除術を受けた後、自分の「新しい」身体をどうしても受け入れることができません。どう対処したらよいか、アドバイスをいただけますか。

<回答者>Leslie Schover氏

Texas大学M.D. Anderson がんセンター行動科学教授

 外見の変化を受け入れる過程は、少しずつ進んでゆくものです。まずは、ご自分にとってネガティブに思える変化よりも、以前と変わらず魅力的な部分すべてに目を向けるようにしてみてください。鏡を見て、自分の外見について好きだと思える部分を3つ以上挙げてみるのもよいかもしれません。

 パートナーがいらっしゃるなら、その人が愛情や関心を示してくれることも大きな力になります。できるだけ、パートナーを遠ざけたり、褒め言葉を拒絶したりしないように心掛けてください。パートナーがいらっしゃらないのでしたら、心の準備ができてからまたデートに出かけてみてください。新しく知り合った人にも魅力的だと思われた、という気持ちは、何よりも自信を与えてくれるはずです。乳房再建は、望む人とそうでない人の個人差が大きい選択肢ですが、考えてみてもよいと思います。

 加齢や妊娠、体重の変化など、女性のライフサイクルで生じる正常な変化について考えてみるのもよいかもしれません。私たちが自分の魅力について下す審査がかなり辛口であることを思い出させてくれると思います。

(監修:国立病院機構四国がんセンター 青儀 健二郎)

This discussion was originally presented on April 25, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年4月25日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2008年2月12日