このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
男性の場合、10代で受けた化学療法は今の生殖能力に影響する?

<質問>

17歳で白血病の化学療法を受けた40歳の男性が子供をもてる可能性はどのくらいですか。

<回答者>Leslie Schover氏

Texas大学M.D. Anderson がんセンター行動科学教授

 男性の生殖能力に対する化学療法の影響は個人差が非常に大きいのですが、精液検査によって現在の生殖能力を調べることができます。

 精液検査では、精液中の精子数や、精子の活動性、精子の形状が正常かどうかがわかります。これらの結果から、性交で妊娠に至る可能性が高いか、あるいは不妊治療を要するかについて、かなり正確に判断することができます。

 精液中に精子がまったくない男性は10%程度です。またそうした男性でも、精巣内で精子がつくられていることがあります。ただし、精子を採取するには簡単な手術が必要になります。

(監修:国立病院機構四国がんセンター 青儀 健二郎)

This discussion was originally presented on April 25, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年4月25日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2008年2月12日