このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
小児がん治療後に妊娠できた女性の情報を教えて

<質問>

私は子供の頃に白血病を経験した32歳の女性です。子供の頃にがん治療を受けて妊娠できた女性に関するデータや情報はありますか。夫と私は妊娠を希望して8カ月になりますが、まだ妊娠に至っていません。

<回答者>Lindsay Nohr Beck氏、がんサバイバー

がん患者に生殖関連の情報提供とサポートを行っている全米規模の非営利団体「Fertile Hope」の創設者・理事、自身も20代で舌がん再発を経験

 子供の頃にがんを経験した女性の妊娠成功率に関するデータはいくつかありますが、これらのデータは、研究対象となった治療の種類(例えば化学療法の種類、投与量、期間など)がかなり限定されています。どのような治療を受けられたかという情報がないと、その治療に関するデータがあるかどうか、残念ながら判断できません。あなたのがん治療を担当した医師なら適切な情報を検索できる可能性がありますので、ぜひその医師に尋ねてみてください。

 また、研究データ以上に、私たち一人一人の個人差があります。大切なのは、ご自身が受けられた治療が生殖器系にどのような影響を及ぼしたかを知ることです。そのため、がんを経験された方が子供を望んでいて6カ月間妊娠しない場合は、生殖内分泌科医(不妊治療の専門医)を受診するほうがよいとされています。月経開始後2〜3日目(出血が始まった日を1日目とします)に簡単な血液検査で卵胞刺激ホルモン(FSH)とエストロゲンの値を調べることで、卵子の状態を把握することができます。卵巣の超音波検査を行うこともあります。これらの検査により、現在の生殖器系の状態を把握し、子供をつくるための方法について見通しを立てることができます。

(監修:国立病院機構四国がんセンター 青儀 健二郎)

This discussion was originally presented on April 17, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年4月17日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2008年1月29日