このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
治療完了後、妊娠を控える期間は?

<質問>

がん治療完了後、こどもを作るまでにどのくらい待つのがよいのでしょうか。資料によって書いてあることが異なるので、判断がつきません。確実な答えはあるのでしょうか。

<回答者>Judith Shell氏、登録看護師・博士

Shell_Judith.jpg

フロリダ州Osceolaがんセンター勤務、がん専門看護・がん専門上級看護資格取得、夫婦・家族療法のフロリダ州免許保持

 お気づきのように、確実な答えはありません。一般的に、腫瘍専門医は子供をつくるなら治療完了後2年ぐらい待つように勧めています。これは、再発の多くが最初の2年間に生じるという事実があり、妊娠するのであれば健康であることを確認できてからのほうがよいからです。

 とはいえ、この期間は患者さんごとに異なります。例えば、初期のがんで生存率が高い場合、医師は妊娠回避期間をもっと短くしてもよいと判断するかもしれません。一方、進行したがんで悪性度も高い場合は、もっと長く待つように助言することもあります。どのくらい待つのが安全か、担当医に相談なさってください。

(監修:国立病院機構四国がんセンター 青儀 健二郎)

This discussion was originally presented on April 12, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年4月12日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2008年1月22日