このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
アスピリンによる大腸がん予防をどう思う?

<質問>

アスピリンによる大腸がん予防について、見解が分かれているようです。先生は患者さんにどのようにすることを推奨されますか。

<回答者>Robert Mayer氏、医師

Dana-Farberがん研究所腫瘍内科・学術担当副責任者、Brigham and Women's病院上級医師、Massachusetts総合病院医師、Harvard大学医学部教授

 アスピリンは、腸の上皮細胞(粘膜)の分裂速度を遅くすると考えられています。そしてこれにより、大腸がんへと発達するポリープの発生を減らせるのではないかと言われています。もう少し専門的にお話ししますと、アスピリンは、シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の働きを阻害します。COX-2は細胞分裂に関わる化学物質(プロスタグランジン)の合成を促す酵素です。

 一般住民を対象とした複数の研究で、アスピリンによって大腸がんのリスクが低下すると報告されていますが、その効果が現れるのは少なくとも10年以上にわたって定期的に服用した場合だけです。

 冠動脈疾患のある患者さんが小児用アスピリンを週3回服用すると、(血栓の形成が予防されることによって)心臓症状の出現が少なくなることがわかっています。そしてこの服用量によって大腸がんのリスクも少なくなります。しかし、最近の研究によれば、成人用アスピリンを1日1錠服用するほうが優れているようです。

 アスピリンは、イブプロフェン、ナプロシン、セレコキシブなどと同じく、非ステロイド性抗炎症薬の1つです。大腸がん予防におけるこれらの薬のデータはまだアスピリンほど十分ではありませんが、いずれも効果があるようです。また、昨年発表されたデータによれば、手術で大腸がんを切除できた患者さんがアスピリンを定期的に服用すると、再発の可能性が低下するようです。

(監修:岡山大学医学部 松岡 順治)

This discussion was originally presented on March 15, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年3月15日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年12月25日