このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
大腸がんで便秘がちに、対策は?

<質問>

父は大腸がんがあり、最近便秘がちになりました。対処方法はありますか。

<回答者>Robert Mayer氏、医師

Dana-Farberがん研究所腫瘍内科・学術担当副責任者、Brigham and Women's病院上級医師、Massachusetts総合病院医師、Harvard大学医学部教授

 加齢によって大腸の弾力が失われると腸の機能が低下します。自発的な排便が不規則になり、そのため便秘になったと思ってしまう人も少なくありません。また、腹部の膨満感が生じたり、下着を汚してしまうこともあります。腸の活動は、他の目的で処方された薬によって不規則になる場合もあります。対処法としては、食物繊維を多く摂る、軟便剤や軽い下剤を使うなど、さまざまな方法が利用できます。ただし、便秘が大きな問題になっている場合は、こうした対処法を試す前に主治医の診察を受けてください。

(監修:岡山大学医学部 松岡 順治)

This discussion was originally presented on March 01, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年3月1日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年12月11日