このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
介護のために引越し、今の生活に孤独を感じる

<質問>

8カ月前、介護のため母の元に引越しました。時々は外出するようにしているのですが、それでも今の生活にとても孤独を感じています。どのように対処したらよいでしょうか。

<回答者>Betty Ferrell氏、看護学博士・米国看護学会評議員

City of Hope 国立医療センター研究員、米国がん学会「緩和手術」研究の主席研究者、国立がん研究所「終末期看護教育コンソーシアム」の主席研究者

 家族の介護をしている人は、24時間献身的なケアをしなければならないと思い込みがちです。恵まれた環境で介護している人でさえも、疎外感や苛立ちを抱えていることは少なくありません。

 ひとつの方法は、友人が同じような状況にあったらどのようにアドバイスするか考えてみることです。私たちは、自分に対しては過剰な期待をかけてしまいがちですが、友人に助言する側になると、自分のための時間や周囲の援助が必要だと認識できるものです。

 この分野の研究では、自分のための時間をもっている人、周囲の援助を受け入れている人、介護から離れる時間を確保している人、自分自身の心と身体の健康を維持している人のほうが、家族の介護がはるかに上手くいっているという結果が繰り返し報告されています。

 このチャットでも同様のコメントがいくつか寄せられているように、多くの人があなたと同じように感じています。

(監修:兵庫県立がんセンター 井沢 知子、聖路加国際病院 佐保 邦枝)

This discussion was originally presented on May 10, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年5月10日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年11月20日