このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
良好な関係ではなかった母の介護をうまくやるためにはどうしたら?

<質問>

母は最近、がんの再発が見つかり、私が料理や掃除、衛生面など身の回りのことを手伝っています。昔は母との関係がかなり悪かった時期がありました。人生に対する見方や物事のやり方がお互いに違うのです。でも、そのせいで介護がうまくいかないということは避けたいと思っています。どうしたらよいでしょうか。

<回答者>Betty Ferrell氏、看護学博士・米国看護学会評議員

City of Hope 国立医療センター研究員、米国がん学会「緩和手術」研究の主席研究者、国立がん研究所「終末期看護教育コンソーシアム」の主席研究者

 このテーマでは多くの研究が行われていて、過去の関係は、良い面も悪い面も含めてずっと続き、病気の時にはそれがさらに強く出ることがわかっています。お母さまとの関係で感じていらっしゃるストレスや困難は、人生のこの重要な局面で確かに心配ですね。一歩立ち止まってご自身のそうした気持ちに気付かれたことに敬服します。

 お勧めしたいのは、介護の目標を考えてみること、そして、あなたでなくてはできないことと他人に頼んだほうがよさそうなことを整理してみることです。介護は多くの人にとって、関係を修復し、いい思い出を作り、コミュニケーションを促す良い機会になってくれることも事実です。

 あなたがお母さまにとってよき支えとなるためには、あなた自身が支えられている必要があります。ですから、こういうときに助けてくれる他者の手を求めることもお勧めしたいと思います。

(監修:兵庫県立がんセンター 井沢 知子、聖路加国際病院 佐保 邦枝)

This discussion was originally presented on May 10, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年5月10日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007-11-20 11:20:10
2007年11月20日