このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
これまでの病歴について雇用主に通知する義務はある?

<質問>

最近、新しい仕事に就きましたが、これまでの病歴について雇用主に通知する義務はありますか。がん治療は18ヵ月前に終わりましたが、今後また治療が必要になったらどうでしょうか。

<回答者>Doug Ulman氏、Lance Armstrong財団サバイバーシップ理事

青年のためのUlemanがん基金設立者、がんからの生還を3回経験、がんサバイバーシップの全国的な提唱者

 仕事を得られたとのこと、おめでとうございます。雇用主に病歴を開示する正式な義務があるかどうか、州の法律を確認されてはどうでしょうか。どのように進めるのがよいか判断するため、医療問題に詳しい弁護士に相談されるのがよいと思います。

(監修:岩手医科大学 柏葉 匡寛)

This discussion was originally presented on August 14, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年8月14日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年10月16日