このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
腹腔鏡手術で治療できる消化器がんは?

<質問>

腹腔鏡手術で治療できる消化器がんはありますか。

<回答者>Richard Schilsky氏、医師

シカゴ大学医学部教授・生物科学学部臨床研究部門副部長

 特に大腸がんでは、標準的な手術の代わりに腹腔鏡手術を行える場合があります。臨床試験から、腹腔鏡手術は大腸がんの治療方法として安全かつ有効であることが示されています。

 ほかの種類の消化器がんでは、腹腔鏡手術は実験的な段階にあるというべきでしょう。

(監修:浜松医科大学医学部看護学科 森 恵子)

※編集部注釈

 日本においても、早期大腸がん(ステージ0、1)において腹腔鏡手術が回復手術と匹敵する標準的手術と見なされています。一方胃がんでは、腹腔鏡手術は実験的な段階にとどまっており、現行のガイドラインでは、早期胃がん(ステージ1a、1b)における腹腔鏡手術は臨床研究の枠で行うこととなっています。

This discussion was originally presented on January 27, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年1月27日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年9月25日