このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
大腸がん治療の長期的影響は?

<質問>

私は大腸がんの治療を受けています。幸い、見通しは良さそうです。大腸がんの治療による長期的な影響は何かありますか。年齢は59歳です。

<回答者>Richard Schilsky氏、医師

シカゴ大学医学部教授・生物科学学部臨床研究部門副部長

 治療の内容が詳しく分からないとご質問に答えるのは難しいのですが、大腸がんの一般的な治療法のほとんどは、長期的な副作用がないとされています。

 オキサリプラチン(商品名「エルプラット」)によって軽度の神経損傷が起きることがあるようです。症状がなくなるまでに1年あるいはそれ以上かかりますが、完全に回復するはずです。

(監修:浜松医科大学医学部看護学科 森 恵子)

This discussion was originally presented on January 27, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年1月27日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年9月25日