このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
臨床試験への参加が最良かどうかの判断基準は?

<質問>

母は、胆嚢がんが肝臓と所属リンパ節に転移していると診断されました。手術では取り切れないとのことで、臨床試験への参加を勧められています。その臨床試験や、あるいは別の有望な新しい治療法が、母にとって最良かどうかをどのように判断すればいいのでしょうか。

<回答者>Richard Schilsky氏、医師

シカゴ大学医学部教授・生物科学学部臨床研究部門副部長

 臨床試験は、私たちががんの新しい治療法を開発するためのしくみです。一般的に、患者さんは臨床試験に参加することによって優れた医療を受けることができます。臨床試験がよい選択肢かどうか判断する最良の方法は、担当の腫瘍専門医と話し合うことです。

 詳しくは、PLWCの臨床試験に関するウェブサイトのページをご覧ください。

(監修:浜松医科大学医学部看護学科 森 恵子)

This discussion was originally presented on January 27, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年1月27日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007-09-18 00:30:50
2007年9月18日