このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
化学療法中の体重増、ダイエットが必要か?

<質問>

化学療法が半分終わったところですが、体重が増えました。看護師は、化学療法中の体重増加は時折見られるといいます。減量が必要でしょうか?化学療法中に食事制限や運動をするのは変だと思うのですが。

<回答者>     

David Alberts氏、医師
米Arizona Cancer Centerディレクター、米Arizona大学医学校主任教授

Cyndi Thomson氏、管理栄養士
米Arizona大学医学校準教授

 化学療法中の体重増加は、特に乳がんの治療で見られる現象です。可能なら、体重増加は避けるべきです。まず、身体活動を増やしましょう。また、低脂肪食に換えましょう。ただし、厳しく制限するのはやめましょう。1日に1時間以内のウォーキングと低脂肪食は、乳がんの再発リスクを減らす可能性もあります。

(監修:市立堺病院 中山 貴寛)

This discussion was originally presented on September 18, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年9月18日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイ トPeople Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年8月 7日