このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
喫煙歴のある肺がん患者には同情の余地無しという風潮にどう対応したら?

<質問>

私は現在肺がんの治療を受けていて、身体面では安定していますが、感情面で困難を覚えています。たいていの人は、私が喫煙していたと知った途端に、心配してくれなくなってしまうようです――肺がんになって当然というように。何かアドバイスをいただけませんか。

<回答者>Mark Kris氏、医師

Memorial Sloan-Ketteringがんセンター・胸部がん診療サービス責任者および臨床試験副責任者、がんおよび関連疾患記念病院(ニューヨーク市)非常勤医、Cornell大学Weill医学部教授、Memorial Sloan-Ketteringがんセンターの学際的胸部疾患マネジメントチーム共同責任者

 肺がんと闘っている多くの人が、あなたと全く同じように感じています。サポートグループを通じて、同じ病気と闘っている他の人とのつながりを作ることをお勧めします。サポートグループは全国に存在し、インターネット上のグループもあります。CancerCareのウェブサイトに詳しい情報が載っています。

(監修:市立伊丹病院 上田 宏)

※編集部注釈
 日本にも肺がん関連の患者会やネットコミュニティーは存在します。例えば、肺がん関連の情報サイトであるエルねっと(アストラゼネカ社提供)は、肺がん患者会(サークル)のリストを掲載しています。

This discussion was originally presented on November 22, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年11月22日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイト People Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年7月17日