このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
肺がんの化学療法で副作用が全く無い、本当に効いているの?

<質問>

肺がんの化学療法を受けていて、9クールのうち4クールが終わったところですが、これまでのところ副作用がまったくありません。治療が効いていないのでないかと非常に心配です。

<回答者>Georgia Decker氏、正看護士

総合ケア・がん看護学学会

 副作用がないから治療効果がないということはありません。治療後の検査で効果を測定して、治療に反応しているかどうかが判断されます。今の状態について主治医や看護士とよく話し合うことが大切です。

(監修:栃木県立がんセンター 磯 朝枝、名古屋市立城北病院 佐藤 由美子)

This discussion was originally presented on June 26, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年6月26日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイ トPeople Living With Cancer に掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年6月19日