このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
ステージ4の乳がん、手術に効果は期待できないか?

<質問>

約15カ月前に、ステージ4の乳がんと診断されました。乳房切除は勧められないとアドバイスされ、放射線治療を受けました。しかし、Clinical Oncology誌に掲載された論文に、乳がんの原発巣を切除すれば、患者の生存の可能性は増えると書かれているのを見ました。手術を受けるべきでしょうか。それとも、もう遅いですか。

<回答者>Gabriel Hortobagyi氏 医師

Texas M.D. Anderson Cancer Center教授

 転移巣が明らかになった状態でも、原発腫瘍を切除することが予後を改善するという確かなデータはありません。そのため、現在の標準治療では切除は行いません。

 これまでに、転移後に原発腫瘍を摘出すべきかどうかに関する3件の研究結果が発表されていますが、いずれも研究の方法に問題があり明確な結論を導くには至っていません。

 現在インドのMumbaiで進行中の臨床試験がありますが、結果が出るまでに数年を要する見込みです。その結果が出るまでは、あなたのようなケースで手術を受けることは標準的治療とはいえないのです。そのため、主治医とよく相談してみてください。

(監修:広島大学 村上 茂、聖路加国際病院 奥山 裕美)

This discussion was originally presented on October 12, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年10月12日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイトPeople Living With Cancerに掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年6月 5日