このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
家族に乳がん患者がいる場合の子供の乳がんリスクは?

<質問>

私の祖母とおばは乳がんでなくなりました。現在、主人の母が乳がんの治療を受けています。私たちの子供の乳がんリスクは、普通の人より高いのでしょうか。

<回答者>Gabriel Hortobagyi氏 医師

Texas M.D. Anderson Cancer Center教授

 手短にお答えをすると、おそらく高いということになります。しかし、より正確にお答えするためには、家系について詳しく調べる必要があります。あなたの親族が乳がんを発症した年齢は30歳代か70歳代か、乳がんは片方の乳房に見つかったのか、それとも両方か、乳がん以外のがんを発症した家族がいるか、などの情報が必要となります。

 これらのひとつひとつの情報とお子さん自身の個人的な特徴から、リスクがどの程度なのかを推算することができます。多くのがんセンターは、かなりの精度で個人の乳がんリスクを推算する部門を持っています。

 (監修:広島大学 村上 茂、聖路加国際病院 奥山 裕美)

※編集部注釈
米国では、個人の乳がんリスクを簡単に推計する方法として、ゲールモデルというものが開発されています。同モデルは米国立がん研究所のウェブサイト上にあります。同サイトにアクセスし、いくつかの項目に答えると、5年以内に乳がんになる確率が簡単に算出されます。ただし、このモデルは、米国の白人女性のデータを元に作られたものであるため、日本人やアジア系米国人では正しいリスクを算出することはできません。

This discussion was originally presented on October 12, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年10月12日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイトPeople Living With Cancerに掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年6月 5日