このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
うつ症状と化学療法の副作用の見分け方は?

<質問>

うつ症状と化学療法によるただの疲れを見分けるにはどうしたらいいでしょうか。私の夫は極端に無気力で自分の殻の中に閉じこもっているかのようです。

<回答者>Lidia Schapira氏、医師

Massachusetts総合病院Gillette乳がんセンターがん専門内科医、Harvard大学医学部准教授。

 たいへん重要な質問です。あなたの疑問は専門家ですら見分けることが困難な問題なのです。うつ病の基本的な特徴である疲労、無気力、食欲不振、睡眠障害、体重減少などは、化学療法でよくみられる副作用でもあるのです。

 しかしながら、ご主人が明らかに落ち込んでいる、または、以前に興味を持っていたことに対しても、興味を示さなくなったとすれば、私はうつ病の心配をした方がいいと考えます。こうした状態の時に、一番よい方法は「落ち込んでいるの?」と尋ね、それからご主人が医療チームに対して、うつ症状のことで助けを求められるように援助することです。うつ病は治療可能です!

 (監修:桃山学院大学社会学部社会福祉学科教授 伊藤高章)

【参考記事】
不安・落ち込み対処法 一人で抱え込まないで

 

This discussion was originally presented on December 29, 2006 on www.plwc.org
この内容は、2006年12月29日に、米臨床腫瘍学会の患者向けサイトPeople Living With Cancerに掲載されたものです。

チームオンコロジー.Comは、患者さんと医療者、またご家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場(掲示板「チームオンコロジー」)を設けております。上記の内容について、ご質問ご意見がある場合は、この掲示板をご利用ください。

2007年4月10日