肝がんとともに

肝がんとは

肝がんは、有害物質を分解し、栄養素の代謝を行う、体内で最も大きな臓器である肝臓にできます。もともと肝臓にできたがん、他の臓器にできたがんが肝臓へと移ってきてできたがんなど、幾つかの種類があります。

詳しく読む

ページトップページトップへ

肝がんの病因とは

肝がんの多くは、慢性肝炎、肝硬変と、病気が進行した末に発症します。また、アルコール性肝障害や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)がきっかけとなることもあります。肝がんができる要因、そしてその治療法について詳しく知りましょう。

詳しく読む

ページトップページトップへ

肝がんの危険因子と予防の工夫

肝がんにならないようにするためには、どうすればよいのでしょうか。肝炎ウイルスへの感染を防ぐ方法、日ごろの生活での注意点を紹介します。

詳しく読む

ページトップページトップへ