肝がんとともに

内科的治療について

お腹の上から針を肝臓に刺し、抗がん剤を肝がんへと注入する「肝動脈化学塞栓療法」「化学療法」「放射線療法」などがあります。それぞれの治療法がどういった肝がんに適しているか知っておきましょう。

詳しく読む

ページトップページトップへ

外科的治療について

肝がんの代表的な治療法の一つが手術で肝臓を切り取ることです。「肝切除」、それから一部の施設で行われている「肝移植」について解説します。

詳しく読む

ページトップページトップへ

局所穿刺療法

局所穿刺療法とは、肝細胞がんに対する局所療法の1つです。体外から電極を差し込んで、がんを凝固させるラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法(RFA)、体外からエタノールを注入して腫瘍を壊死させる経皮的エタノール注入療法(PEIT)があります。

詳しく読む

ページトップページトップへ

その他の肝がんについて

肝がんには、これまで紹介してきた肝細胞がんのほか、もともと肝臓にできる「肝内胆管がん」「混合型肝がん」、そして他の臓器にできたがんが肝臓へと移ってきた「転移性肝がん」があります。これらの肝がんについて説明します。

詳しく読む

ページトップページトップへ