肝がんとともに

肝がんと診断された方へ

セカンドオピニオンの活用法

 セカンドオピニオンとは、主治医の考えだけではなく、他の医師の意見も聞いて、より多くの肝がんの治療に関する情報を得るものです。がんの治療は時に苦しいこともあります。治療を行っていく上で、自分自身の考え、価値観も治療を選択する上で重要であるという考え方が、最近のがん治療における世界的な潮流になっています。そのために違う医師の考え方も聞きたいとセカンドオピニオンを活用する方もいます。

 セカンドオピニオンを希望される場合には、「他の医師の意見も聞いてみて、それを踏まえてから自分の治療を決めたい」ことを、きちんと現在の主治医に伝えてください。

 最近では、大きな病院のほとんどがセカンドオピニオン外来を設置しています。セカンドオピニオンを受けるためには、これまでの治療経過や検査結果、CTやMRIなどの画像診断結果を、現在の主治医の診療情報提供書と一緒に持参します。診療情報提供書を出してもらうのは有料です(健康保険が適用されます)。このように、セカンドオピニオンを受けるために診療情報提供書を書いてもらうことは、既に医療制度化されています。主治医が気を悪くするのではないか、などと心配する必要はありません。

 また、セカンドオピニオンを受けた際に負担する金額は、病院によって異なります。予約制であることが多いので、セカンドオピニオンを受ける病院を決めたら、申し込みの方法と金額を問い合わせてみるとよいでしょう。なお、セカンドオピニオンを受ける病院では、新たな検査や治療を行うことはありません。セカンドオピニオンを聞く医師に今後の自分の診療をお願いするということではない点も、覚えておきましょう。

 セカンドオピニオンを受けるときには、まず自分の病状と経過をきちんと理解しておく必要があります。その上で、質問したい点をまとめてメモなどにしておくと、面会時間を有効に活用できるでしょう。医師の前に出ると、緊張したり、聞きたい質問を忘れてしまったりすることがあるかもしれません。メモを作っておけば、きちんと質問したいことを聞くことができるでしょう。

 ただし、何よりまず自分の病状や治療に対する疑問などについて、主治医と十分に話し合うことが大切です。

ページトップページトップへ