肝がんとともに

化学療法

 化学療法とは、抗がん剤を使って、がん細胞の成長や増殖を抑えたり、がん細胞を破壊する治療法のことです。肝細胞がんの治療では、肝切除や局所治療(エタノール注入療法やラジオ波焼灼療法)、肝動脈塞栓化学療法で効果が得られない場合、あるいはがんが大きく、がんの個数が多いときには、化学療法が行われます(「肝がんの進行度別の治療アルゴリズム」参照)。

 化学療法には、大きく分けて2種類あります。肝動脈に直接抗がん剤を注入する肝動脈内注入化学療法(肝動注化学療法)と、抗がん剤を静脈内に注射するもしくは口から服用することで、血液を介して全身に作用させる全身化学療法です。

局所化学療法
全身化学療法
最新の分子標的薬の臨床研究結果
現在進行中の分子標的薬の臨床試験について
副作用について
手足症候群・高血圧