乳がん百科

 NOVARTIS

乳がん百科 powered by がんナビ 乳がん診療に関する全国調査 2012

いぬいクリニック

〒584-0013 大阪府富田林市桜井町1-5-4 TEL:0721-20-1500  リンク

乳がんの治療体制について

Q1乳がん診療を行っている医師について、以下の(1)〜(7)の質問にお答えください。
(1)日本乳癌学会の乳腺専門医はいますか。 いる
(2)日本臨床腫瘍学会のがん薬物療法専門医はいますか。 いない
(3)日本臨床腫瘍学会の暫定指導医はいますか。 いる
(4)日本放射線腫瘍学会の認定医はいますか。 いない
(5)日本病理学会の病理専門医はいますか。 いない
(6)精神腫瘍医(サイコオンコロジスト)はいますか。 いない
(7)日本循環器学会認定の循環器専門医はいますか。 いない
Q2(1)乳がん手術を執刀している医師数、(2)執刀した手術のうち、乳がん手術が5割程度を超える医師数をそれぞれお答え下さい。
(1)乳がん執刀医数 0人
(2)乳がん手術が5割程度を超える医師 0人
Q3病理医はいますか。また、連携する医療機関に相談している場合は、相談先の医療機関名をお答えください。
連携医療機関がある。相談先:近畿大学医学部附属病院(大阪狭山市)
Q4乳房再建を手がける形成外科医はいますか。また、連携する医療機関に相談している場合は、相談先の医療機関名をお答え下さい。
連携医療機関がある。相談先:近畿大学医学部附属病院(大阪狭山市)

乳がん外科療法について

Q52011年、1月から6月末の新規乳がん患者数と治療法の内訳をお答え下さい。
2011年1月〜6月末の新規乳がん患者数 30人
<治療法の内訳>  
(1) 乳房切除 0人 うち、再建 0人
(2) 乳房温存 0人
Q62010年、1年間の新規乳がん患者数と治療法の内訳をお答え下さい。
2010年、1年間の新規乳がん患者数 50人
<治療法の内訳>  
(1) 乳房切除 -
(2) 乳房温存 -
Q7乳房温存手術の適応基準について基本的な方針をお答え下さい(複数選択可)。
腫瘤のサイズではなく、元の乳房と腫瘤の大きさとのバランスで判断している
腫瘤の縮小を期待して術前化学療法を行い縮小すれば温存、縮小しなければ全摘している
整容性を保つために、全摘→再建という選択肢をすすめることもある

外来化学療法について

Q8外来化学療法について
外来化学療法を行っていますか。 いいえ
(1)外来化学療法を行う通院治療用のベッド数
(リクライニングチェアを含む)
-
(2)外来化学療法専任の看護師数 -

術後のリンパ浮腫への対応について

Q9リンパ浮腫外来がありますか。
リンパ浮腫外来はないが連携医療機関に紹介可能。紹介先:近畿大学医学部附属病院(大阪狭山市)

転移・再発患者の受け入れについて

Q10転移再発した患者を受け入れますか。
治療できない
Q11遠隔再発(転移)の患者数
1〜10人

看護・サポート体制について

Q12患者さんのケアにあたるがん認定・専門の看護師数
0人
Q13がんについて患者さんが相談できる窓口(相談支援センター)はありますか。
ない
Q14がん患者さんや家族、遺族が意見交換や勉強会を行うための「がんサロン」はありますか。
紹介

補足説明など

当院では、乳がん検診・検査・診断、術後補助療法(内分泌療法、経口抗がん薬、ハーセプチン)を担当