このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

がん患者の妊孕性を守りたい Vol.1

(2018.02.23)

妊孕性とは、「妊娠する力」のこと。がん治療では、妊娠に重要な卵巣や子宮、精巣を手術で切除したり、薬物療法や放射線療法でこれらの臓器の機能不全が生じたりする場...<詳細>

がん患者の妊孕性を守りたい Vol.1

卵巣癌の治療はこの数年で大きく変わる

(2018.02.19)

 癌細胞の増殖や転移にかかわる特定の分子の機能を阻害する分子標的薬が癌の治療に導入されてから、15年以上が経過した。今ではさまざまな癌で標準治療の手段として使...<詳細>

卵巣癌の治療はこの数年で大きく変わる

化学療法が効かない腎細胞癌の治療を劇的に変えたVEGFR-TKI治療

(2018.02.12)

 癌細胞の増殖や転移にかかわる特定の分子の機能を阻害する分子標的薬が癌の治療に導入されてから、15年以上が経過した。今ではさまざまな癌で標準治療の手段として使...<詳細>

化学療法が効かない腎細胞癌の治療を劇的に変えたVEGFR-TKI治療

就職、妊孕性温存など課題も多いAYA世代の希少がん

(2018.02.07)

受験、就職、結婚、妊娠・出産など様々なライフイベントに直面するAYA(Adolescent and Young Adult)世代(おおむね15〜39歳)へのがん対策の遅れが課題になっている。...<詳細>

就職、妊孕性温存など課題も多いAYA世代の希少がん

不均一性の強い胃癌では免疫療法を軸に治療法の開発続く

(2018.02.05)

 癌細胞の増殖や転移にかかわる特定の分子の機能を阻害する分子標的薬が癌の治療に導入されてから、15年以上が経過した。今ではさまざまな癌で標準治療の手段として使...<詳細>

不均一性の強い胃癌では免疫療法を軸に治療法の開発続く

レポート一覧へ

連載

  • 今話題の新しいがん免疫療法ってどんなもの?
  • 知っておきたい骨転移
  • がん治療の素朴な疑問