Cadetto.jp昨日(03/30) のアクセスランキング

  1. 桐島、救急部やめるってよ 2017/03/30  題名は映画のオマージュですが、まぁ救急部って部活みたいなもんだから許してください。桐島は登場しません。というわけで、今回は救急をやめてしまう人についてというちょっぴり悲しい話題です。出会いがあれば別れもあるのですが、3月は別れの方が多い季節かもしれません。4月には新しい出会いがあるとはいえ、別れは悲しいものです。 550703
  2. シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) 家の中に便が転がっていて何が悪いのか 沖縄県立中部病院 感染症内科の高山義浩氏に聞く 2017/03/30  在宅医療は近年、政策的な誘導もあって急速に日本全国に広がってきたが、医療提供側の体制整備が追いついていないのが実情だ。中でも、在宅医療に携わる医療者を日常的に悩ませるのが、患者宅や高齢者施設における感染対策だ。沖縄県立中部病院感染症内科の高山義浩氏に、在宅医療も実践する感染症医の立場から、「在宅医療における感染対策」について解説してもらった。 550734
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 2017/03/30 私は2008年の秋、リーマンショックのさなかに投資を始めました。実際には少し前からファイナンシャル・プランニングの勉強を始めていたのですが、机上の勉強だけではだんだん物足りなくなったのです。 550641
  4. 第31回 アフリカの中央地、コンゴ民主共和国での外科活動 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 池田 知也(外科医) 2017/03/30 2015年より国境なき医師団(MSF)の医療援助活動に参加している私が、今回4回目の派遣で向かったのはコンゴ民主共和国だ。同国は、周辺国の介入などを受けて長年にわたり不安定な情勢が続き、現在でも国家再建の途上にある。そのため今回の派遣では、医療資源が乏しい中で様々な手術に取り組む必要があった。 550675
  5. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 2017/03/28  忽那は現在、イギリスに出張中でして、コレラのアウトブレイクが井戸水によって起こっていることを初めて突き止めたジョン・スノウ医師ゆかりのパブでビールをかっくらい、上機嫌になっている状態ですので、今回はジョン・スノウにちなんで下痢系の話をしたいと思います。 550690
  6. 米国心臓病学会学術集会(ACC.17)より SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 医療記録の解析でも心不全入院が39%減、CVD-REAL研究 2017/03/30  2015年に発表されたEMPA-REG OUTCOME試験でSGLT2阻害薬エンパグリフロジンは、心血管疾患を合併した2型糖尿病患者の総死亡や心不全による入院を減少させた。米Saint Luke's Mid America Heart InstituteのMikhail Kosiborod氏らは欧米6カ国の医療記録データベースを解析。EMPA-REG OUTCOMEで認められた利益はSGLT2阻害薬に一貫して認められるクラス効果である可能性が高いと、第66回米国心臓病学会学術集会(ACC.17、3月17〜19日、開催地:ワシントンDC)で報告した。 550707
  7. 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 2017/03/28  厚生労働省は2017年3月28日、第102回薬剤師国家試験(2月25日、26日実施)の合格発表を行った(写真1)。合格率は71.58%(新卒85.06%)で、受験者数1万3243人に対し、合格者は9479人と、1万人を下回った。 550718
  8. 親の介護やキャリアアップが退職理由 市立札幌病院、7人の救急医が一斉退職 救命救急センターは通常の半分以下の人員体制に 2017/03/16  市立札幌病院は3月14日、救命救急センター所属の医師12人のうち7人が3月末付で退職することを明らかにした。現時点で人員の補充は決まっておらず、4月からの診療体制は通常の半分以下となり、救命救急センター業務の縮小は避けられない見通しだ。同病院は、院内他科の医師による支援を決め、さらに北海道大学に救急医の派遣を要請するなど対応に追われている。 550601
  9. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 2017/03/29  前回、92歳で認知症の森田愛子さん(仮名)が、かかりつけの診療所が休みの時に体の不調を感じ、不安になってA病院の救急外来を受診してきた出来事を紹介しました。「50万円持ってきたから入院させてくれ」と大騒ぎしたものの、結局、入院の必要性はないという判断となり、病床コントロールに関わっているナースと武田MSW(仮名)の連携により、何とかお家に帰れたのですが、その後、どうなったのでしょう。今回は、森田さんと、対応したスタッフたちのその後のお話です。 550665
  10. 山形県の麻疹集団感染、初発例を診察した医師も陽性に 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? 2017/03/28  公立置賜総合病院(山形県東置賜郡)は3月25日、同病院救命救急センターに勤務する20歳代の男性研修医が修飾麻疹を発症したと発表した。この医師は3月8日に、山形県で発生した麻疹集団感染の発端となった患者を診察していた。医師には麻疹のワクチン歴があり、事前の血液検査で麻疹に対する抗体を持っていることが確認されていた。だが、3月24日に咽頭ぬぐい液ではウイルスが検出されなかったものの、血液検査で陽性と判明した。 550700
  11. 政府が「働き方改革実行計画」を決定 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 2017/03/29  政府は3月28日、働き方改革実現会議(議長・安倍晋三首相)を開き、残業時間の罰則付き上限規制などを盛り込んだ「働き方改革実行計画」を決定した。医師も時間外労働規制の対象に含まれたが、「医師法に基づく応召義務等の特殊性を踏まえた対応が必要」との理由から、今後の国会に提出する労働基準法改正案の施行日から「5年後を目途に規制を適用する」ことになった。 550728
  12. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 2017/03/23  ちょっと前の話になります。仕事が忙しい時期だったのですが、どうしても見たくて仕方なかったものを見てきました。もちろん女性とかいうオチではなくて、「ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)」という映画です。僕の大好きなMARVELシリーズ映画の最新作を見てきました。「ドクター」というくらいですから、主人公は医師です。めっちゃプライドの高い神経外科医です。劇中、彼が「Mr. Strange」とか「Master Strange」と呼ばれたときは、自分でわざわざ「Dr.Strange」と言い直していました(笑)。もうどんだけやねんって話ですよ。本当に名前の通り普通じゃないです。 550604
  13. 患者を「監視」していないか? 2017/03/29  日々、病院で働いていると、患者さんのプライバシーへの配慮がおろそかになっていないだろうかと自問することがある。忙しさのあまり、プライバシーを二の次にして患者を「監視」してはいないか、と。生命にかかわるような急性期疾患で頻繁な観察が必要な場合はともかく、そうした状態ではない入院患者さんにとって、プライバシーは実に重大なファクターだと思う。 550696
  14. 中医協、かかりつけ薬剤師制度に厳しい声 2018年度調剤報酬改定に向け議論がスタート 2017/03/30  2017年3月29日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、調剤報酬に関する1回目の議論が行われた。2016年度改定で新設されたかかりつけ薬剤師指導料に委員の意見が集中。「制度の目的と現場の運用が乖離している」といった厳しい指摘が相次いだ。 550738
  15. 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 2017/03/27  都道府県や大学により卒後一定期間、所定の医療機関で勤務することなどを条件に設けられた入試枠(地域枠)を活用して医学部に入学した医師を、指定されている場所以外の臨床研修病院が採用した場合、その病院への臨床研修費補助金を減額することなどを記した「医師臨床研修制度における地域枠医師への対応(案)」を3月24日、厚生労働省は医道審議会医師臨床研修部会で提示。大筋で了承された。2017年度以降、補助金の目的として「地域における医師不足の是正」を明示することで、地域枠医師の卒後の義務履行を促したい考えだ。 550691
  16. 国家試験後、何をしたらいい? 2017/03/09  早いもので、もう3月です。年度末は出会いと別れの季節。当院にも4月から新しく研修医が来てくれるので、着々と準備を進めているところです。医学科の6年生は医師国家試験が終わり、海外へ羽ばたいたり、好きなことをして過ごしたり、思い思いの生活を送っていることと思います。たまに学生さんから、「今しておいた方がいいことってありますか?」などと聞かれます。そんなとき僕は、「とにかく遊べ」と答えています。 550493
  17. すっぴん出勤の理由 2017/03/27 いつもおしゃれで綺麗にメイクしている先輩ナースが、すっぴんで出勤。そのワケとは……。 550317
  18. 私が医師に「バリュー投資」をお薦めする理由 2017/03/02  経済危機が到来しそうになったら? そうだな、まず現金は債券に変えていた方がいいね。外貨預金はドルとユーロがそれぞれこのくらいで。あ、REIT(不動産投資信託)もいくつか保有しておくべし。金やプラチナも少し持っておいた方がいいかもねえ――。そんなコムズカシイ言葉を並べて資産運用をしたり顔で語る人って、いますよね。私の周りにも、それなりにいます。いやそこらの投資家には、こういう人がヒジョーに多いと言ってもいいかもしれません。 550340
  19. 米国心臓病学会学術集会(ACC.17)より 置換した大動脈生体弁に血栓、TAVIでより多く 血行動態に影響しTIAも増加、抗凝固療法が奏効 2017/03/30  置換後の大動脈生体弁には無症候性の血栓が一定の頻度で観察されるが、それを反映した弁尖の可動性低下は外科的大動脈弁置換術(SAVR)後よりも経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)後の方が高頻度で、可動性改善には抗血小板薬併用療法(DAPT)よりも経口抗凝固薬(OAC)投与の方が効果的だったという。米Cedars-Sinai Heart InstituteのRaj R. Makkar氏らが、第66回米国心臓病学会学術集会(ACC.17、3月17〜19日、開催地:ワシントンDC)で発表した。 550699
  20. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 2017/03/23  2月25日付日経新聞朝刊には、「英語話す力、採点は録音で 文科省 中3学力テストで方針」という見出しの記事が載っています。 550626

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1)
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  4. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場
  5. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT
  7. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06%
  8. 市立札幌病院、7人の救急医が一斉退職 親の介護やキャリアアップが退職理由
  9. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス