医学書ソムリエ 新着一覧

連載の紹介

良い医学書は良い海図のように、臨床の大海原の航海を確実に楽にしてくれるもの。しかし、数多く出版される医学書のどれを読んだらよいのでしょうか。本連載では、筆者の田中和豊氏が、忙しいあなたの代わりに様々な医学書に目を通し、「これは良い」と思ったものだけを紹介します。

著者プロフィール

田中和豊(福岡県済生会福岡総合病院 総合診療部主任部長・臨床教育部部長)●たなか かずとよ氏。慶應大理工学部を卒業後、医師を目指す。94年筑波大医学専門学群卒業。横須賀米海軍病院、聖路加国際病院、アルバートアインシュタイン医科大、ベス・イスラエル病院などを経て、2012年より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 「もうかっているから寄こせ」では残念すぎる 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  3. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界
  4. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を
  6. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意
  7. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究
  8. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論
  9. 【漫画】マジで“痛し痒し”の帯状疱疹 ガンバレ薬剤師
  10. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から