海外大学院留学マニュアル 新着一覧

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く
  5. 名大病院の救急医9人が一斉退職 職場環境への不満?大学病院は調査委員会を設置
  6. ナースの眠れぬ夜 病院珍百景
  7. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記
  8. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」
  9. 聖路加病院に労基署、土曜外来を全科廃止へ 特集◎医師こそ働き方改革を《動き出す労基署》
  10. RAに対する生物製剤併用は費用対効果が悪い Ann Intern Med誌から