海外大学院留学マニュアル 新着一覧

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話
  2. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  3. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景
  4. 常に良き観察者たれ!見えないものに目を向けろ 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」
  5. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究
  6. 8歳男児。主訴:血尿の精査 総合内科BASICドリル
  7. 今年の入試事情と医学部に「受かる」ための授業 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  8. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  9. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  10. 日薬会長「薬剤師倫理にもとる許しがたい行為」 トレンド(DIオンライン)