海外大学院留学マニュアル 新着一覧

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾!
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい
  4. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  5. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」
  6. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017
  7. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017
  8. 新専門医制度、6都府県は専攻医募集に上限 シリーズ◎どうなる新専門医制度
  9. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》
  10. 人が死ぬ理由 じたばたナース