海外大学院留学マニュアル 新着一覧

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」
  2. オペ室マジック 病院珍百景
  3. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが…
  4. 「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  5. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く
  7. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会
  8. 自己注射針の不適切廃棄、新幹線内に年170件 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会
  9. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ
  10. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺