連載の紹介

患者が勤労者であれば、日常生活の多くを過ごすのは職場。診療を進める上で職場の情報を入手し活用することは非常に重要です。産業医ならずとも、産業医学の視点を取り入れることで日常診療の幅を広げられるというケースを紹介します。

著者プロフィール

堀輝(産業医科大学精神医学教室講師)●ほり ひかる氏。西井重超(産業医科大学精神医学教室助教・教育医長)●にしい しげき氏。日本で唯一の産業医学振興および産業医養成を目的として設立された産業医科大学にて、精神科産業医の育成、就労者の精神・メンタルヘルスの問題に取り組んでいる。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼
  3. 医学部生だからこそできる、医師と患者をつなぐ架け… 現役医学部生に聞くキャンパスライフ(3)
  4. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」
  6. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾
  7. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導
  8. 病院薬剤師もつらいよ 裴英洙の「薬学部では教えてくれないマネジメント術」
  9. 交替時間のオーラ 病院珍百景
  10. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ