連載の紹介

患者が勤労者であれば、日常生活の多くを過ごすのは職場。診療を進める上で職場の情報を入手し活用することは非常に重要です。産業医ならずとも、産業医学の視点を取り入れることで日常診療の幅を広げられるというケースを紹介します。

著者プロフィール

堀輝(産業医科大学精神医学教室講師)●ほり ひかる氏。西井重超(産業医科大学精神医学教室助教・教育医長)●にしい しげき氏。日本で唯一の産業医学振興および産業医養成を目的として設立された産業医科大学にて、精神科産業医の育成、就労者の精神・メンタルヘルスの問題に取り組んでいる。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考
  2. 人が死ぬ理由 じたばたナース
  3. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント
  4. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺
  5. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾!
  6. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017
  7. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート
  8. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究
  9. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」
  10. WHOのエボラワクチン試験で発症予防に効果 Lancet誌から