連載の紹介

患者が勤労者であれば、日常生活の多くを過ごすのは職場。診療を進める上で職場の情報を入手し活用することは非常に重要です。産業医ならずとも、産業医学の視点を取り入れることで日常診療の幅を広げられるというケースを紹介します。

著者プロフィール

堀輝(産業医科大学精神医学教室講師)●ほり ひかる氏。西井重超(産業医科大学精神医学教室助教・教育医長)●にしい しげき氏。日本で唯一の産業医学振興および産業医養成を目的として設立された産業医科大学にて、精神科産業医の育成、就労者の精神・メンタルヘルスの問題に取り組んでいる。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「生真面目な自分はハイパー病院で研修すべきでない… 研修医のための人生ライフ向上塾!
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼
  3. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急
  4. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」
  5. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話
  6. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》
  7. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理
  8. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック
  9. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る
  10. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急
医師と医学研究者におすすめの英文校正