連載の紹介

患者が勤労者であれば、日常生活の多くを過ごすのは職場。診療を進める上で職場の情報を入手し活用することは非常に重要です。産業医ならずとも、産業医学の視点を取り入れることで日常診療の幅を広げられるというケースを紹介します。

著者プロフィール

堀輝(産業医科大学精神医学教室講師)●ほり ひかる氏。西井重超(産業医科大学精神医学教室助教・教育医長)●にしい しげき氏。日本で唯一の産業医学振興および産業医養成を目的として設立された産業医科大学にて、精神科産業医の育成、就労者の精神・メンタルヘルスの問題に取り組んでいる。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:33
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  9. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239
  10. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0