動画で見る英語症例プレゼンテーション 新着一覧

連載の紹介

米国の病院での症例プレゼンテーションには一定の「型」があります。米国での臨床実習を考えている方は、事前に覚えて繰り返し練習することをおすすめします。この記事ではその「型」と英語での表現について、動画の例を見ながら説明していきます。

著者プロフィール

安川康介(米国ミネソタ大学病院内科レジデント)●やすかわ こうすけ氏。2007年慶應義塾大学卒業。日本赤十字社医療センターでの初期研修終了後、09年6月より現職。プレゼンテーションはミネソタ大学内科レジデント2年目のMorgan Groth氏(写真)が担当。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2)
  3. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下
  4. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾!
  5. 新専門医制度、6都府県は専攻医募集に上限 シリーズ◎どうなる新専門医制度
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」
  7. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい
  8. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚
  9. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  10. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から