動画で見る英語症例プレゼンテーション 新着一覧

連載の紹介

米国の病院での症例プレゼンテーションには一定の「型」があります。米国での臨床実習を考えている方は、事前に覚えて繰り返し練習することをおすすめします。この記事ではその「型」と英語での表現について、動画の例を見ながら説明していきます。

著者プロフィール

安川康介(米国ミネソタ大学病院内科レジデント)●やすかわ こうすけ氏。2007年慶應義塾大学卒業。日本赤十字社医療センターでの初期研修終了後、09年6月より現職。プレゼンテーションはミネソタ大学内科レジデント2年目のMorgan Groth氏(写真)が担当。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  2. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」
  4. 抗体医薬の登場で片頭痛診療は大きく進歩します 慶應義塾大学神経内科専任講師の柴田護氏に聞く
  5. ウエルシアの元薬剤師、執行猶予3年の判決 トレンド(DIオンライン)
  6. 「医局のレールで入った大学院がつまらない」 研修医のための人生ライフ向上塾!
  7. 白米は本当に健康に悪いのか? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」
  8. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急
  9. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待
  10. 新薬15成分21品目を薬価収載 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正