Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ
  3. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話
  4. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題
  5. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く
  6. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  7. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼
  8. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web
  10. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」