Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景
  2. SFTSの報告が東日本から上がらない本当の理由 ニュース追跡◎抗インフルエンザ薬ファビピラビルに期待集まる
  3. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術
  5. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
  6. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 江戸で猛威を振るったインフルエンザ 病と歴史への招待
  8. PD-L1が標的の初の免疫チェックポイント阻害薬 最新DIピックアップ
  9. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」
  10. 循環器医必需薬ACE-I/ARBと癌の話 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」