Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気
  2. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座
  3. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web
  6. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場
  7. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾!
  8. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2)
  9. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート
  10. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚