Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室
  2. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論
  3. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編)
  4. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼
  5. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス
  6. 新人が集まると盛り上がる話は 病院珍百景
  7. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編)
  8. 人体の急所が切れた! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  9. 新人指導に怖い人は必要か否か!! 病院珍百景
  10. 電解質の良書 医学書ソムリエ