Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏
  4. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾!
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス
  7. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針
  8. 「おかあさんといっしょ」で言葉を育てよう 泣かせない小児診療ABC
  9. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside