Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  2. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS
  3. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く
  4. 血糖値スパイクが発覚した意外な食事 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」
  5. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC
  6. 働き方改革とは働き方の多様性を認めること シリーズ◎医師の「働き方改革」
  7. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  8. 新制度、おまえはもう… 思案橋に夜9時でよかですか?
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  10. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚
医師と医学研究者におすすめの英文校正